あなたはスピンをかけて展開を支配できていますか?

ストローク戦では、フラットよりも連続してスピンを打たれた方がきつい。

それもスピンで振り回されたりしたら、完全に反撃するタイミングがないまま攻めこまれてしまいます。

今回は、1番嫌な攻め方としてスピンでコントロールするためのコツを紹介します。

スポンサーリンク

スピンとコントロールを両立させる

スピンとコントロールの両立

まず前提として、スピンだけでなく、コントロールだけでもなく、その両方を同時にやります。

どっちかでも精一杯なのに難しそうと、なる人もいると思いますが、そんな難しいことではありません。

基本的にはスピンのかけ方は同じで、コントロールするために無駄な動きを無くそうということです。

スピンとコントロールを両立させる打ち方

高い位置にテイクバックして下から上にスイング

スピンをかけるために絶対に必要なのが下から上にスイングすることです。

これは基本の動作なので絶対に外せない動きになります。

この時に、テイクバックを高い位置にセットしましょう。

そうすると、高い位置にセットしたラケットが下に落ちて、その反動で上にスイングしていけます。

さらに、ひざの曲げ伸ばしを行うことで下から持ち上げるようなスイングになり、スピンがかかります。

このテイクバックなら、どの高さにボールが飛んできたとしても対応することができますね。

左肩を入れて回転運動を使う

スピンは攻撃的なショットですが、中途半端なスピンや球威では、相手に攻撃されてしまいます。

左肩を入れることによって、ひねりの力を使えるので、中途半端ではなくしっかりとしたスピンがかけられます。

スピンをかけるためには回転運動を使ったスイングをしましょう。

体重移動を使った場合だと、フラットに近いショットになってしまいますので注意が必要です。

ここでは、スピンをかけたいので軸を中心とした回転スイングを使いましょう。

体のひねりと回転スイングを使えば、かなり強力なスピンボールになります。

打点の高さにコンパクトにセット

スピンを打つ時に気をつけたいのがインパクト。

下から上にスイングしていくため、どうしても打球との落差があるので、正確にインパクトができなくなります。

なので、コンパクトに打点の高さにテイクバックすることで、インパクトまでの距離が短くなり、正確にヒットさせることができます。

コントロールの精度を上げるためには、コンパクトなテイクバックをすることを覚えておきましょう。

コンパクトにスイングしてミスを防止

回転運動を使ったスイングでは、すでに大きなエネルギーが生まれているので、大きくスイングする必要がありません。

コントロール力をアップさせるには、大きくフォロースルーをとることが大切です。

しかし、回転運動と大きなスイングが合わさると、エネルギーが強すぎてスイングがブレてしまいます。

なので、正確にコントロールするためにここではスイングはコンパクトにしていくことが大切です。

まとめ

スピンとコントロールの両立は、

・高い位置にテイクバックして下から上にスイング
・左肩を入れて回転運動を使う
・打点の高さにコンパクトにセット
・コンパクトにスイングしてミスを防止

どっちもやると聞くと難しくとらえてしまうと思いますが、打ち方としては結構シンプルです。

これができるようになれば、常に相手を振り回すことができ、簡単には反撃は受けないでしょう。

まずはコンパクトなテイクバックからスピンをかけられるように練習していきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事