あなたは相手がいいショットを打ったときに、守りに入ってはいませんか?

相手がチャンスボールを叩き込んできたとしても、そのボールがあまければカウンターをすることができます。

今回はチャンスの逃さないためにフォアハンドのカウンターの打ち方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カウンターが必要な理由

カウンターが必要ないと思う人もいるでしょう。

しかし、私は時にカウンターは必要だと考えています。

たしかに攻め込まれた場面では、強く打とうとするより、ロブなどで時間を作った方が効率はいいですよね。またストローク戦に持ち込むことができるかもしれません。

私がいいたいのは、それだけではダメということ。

追い込んだ時にロブがくるとわかっていたら、とくに準備しませんよね。

逆にこの油断を利用したいとは思いませんか?

なにも準備していないところに強打がくれば、反応できませんよね。反応されたとしても返すことで精一杯なので、チャンスがきそうですね。

とくにフォアハンドでは力をいれやすいため、バックハンドに比べてカウンターを打ちやすいというメリットがあります

このチャンスを作るために、カウンターは必要なのです。

>>フォアハンドでスピードが必要な理由と打ち方

フォアハンドのカウンターの打ち方

左足を踏み込む途中でインパクト

まずカウンターショットでは、攻めこまれているため十分に構える時間がないこと。

その中でボールに力を伝えていくには左足を踏み込む前にインパクトすることが大切です。

ボールに向かって走っていくときに、体が横を向いていると思いますが、左足を出すタイミングで右腕を出していくと、スムーズにスイングできます。

歩くときやランニングをしているときと同じで、右手と左足が一緒に出ていきますよね?

その原理を使うことで、走りながらでもしっかりエネルギーを作ることができます。

左足が着地してしまうと、体は回りづらくなるため、窮屈なスイングになりパワーもたりません。

腕のパワーに頼るスイングになると安定したショットにならないので、毎回同じようにはいきません。

骨盤と体幹が逆方向にひねられるからこそ生まれるエネルギーなので、着地する前に打つことが、威力のあるカウンターショットの鍵です。

軸足の1歩を大きく出す

走りながら打つショットはバランスを崩しやすく、安定させるのは高い技術が必要です。

しかし、その高い技術はスタンスを広くするだけです。

スタンスを広くとることで土台がしっかりするので、上半身のブレが少なくなります。

なので軸足を決めるときには、大きく1歩を出しましょう。

さらに安定するだけでなく、大きなエネルギーを生み出すことができます。

最初の説明で、上半身と下半身が逆方向にひねられると言いましたが、右足を大きく出すと、その反動で左足も勢いよく出てきます。

左足が強く出れば、それと同じ強さで右手を出すことができるので、よりパワフルなショットが打てます。

頭をまっすぐにするとバランスを保てる

カウンターショットは通常のショットに比べて、バランスを崩しやすいので、頭をまっすぐにします。

頭は結構重いので、傾いたりしてしまうとスイングがブレてしまいます。

ただでさえバランスを崩しやすいカウンターショットでは、頭の位置を保って、すべてのエネルギーをスイングに使えるようにしましょう。

>>軸を使ったフォアハンドストロークを詳しくみる

打った後は右足を大きく出す

カウンターショットでは、走った状態で打つため、その後に体が流れやすくなります。

カウンターしているので、相手に取られたとしても返球があまくなる可能性があります。そのために準備をすることも大切です。

左足を出しながら打った後に右足を大きく出すと、しっかりブレーキがかかるので、次の動きに移りやすくなるんですね。

この1歩が小さいと、勢いを止めることができないので、さらにもう1、2歩出さないといけません。

それでは、次の行動までに時間がかかりすぎてしまいます。

1発でブレーキするためにも、右足は大きく出しましょう。

まとめ

カウンターショットの打ち方は

  • 左足を踏み込む途中でインパクト
  • 軸足の1歩を大きく出す
  • 頭をまっすぐにするとバランスを保てる
  • 打った後は右足を大きく出す

ちゃんと反応していれば、カウンターできるタイミングは結構あります。

試合中ということもあり、相手もラインぎりぎりを狙うのは勇気がいるからでしょう。

そんなときにカウンターショットを1本持っているだけでも、相手にとってプレッシャーがかかります。

スポンサーリンク

よく読まれる記事