フォアハンドを打つ中で、「もっと肩を入れて!」なんて言われることはありませんか?

肩を入れて打つことが基本なのですが、びっくりするほどできなてない人が多いです。

しかも、自覚できていない人がほとんどなので、ここにきたからには自覚して、基本を必ずやっていただきたいと思います。

では、肩の簡単な入れ方を紹介していきます。

スポンサーリンク

肩が入らないと何がダメなの?

まずは簡単な説明として、肩が入るメリットから。

  • コースが読まれない
  • 厚くインパクトできる
  • スイングが速くなる

肩を入れた場合、このようなメリットがあるのですが、肩が入らないとこのメリットがなくなります。

結構大事な3つの要素なので、これがなくなるのは痛い話ですね。

逆に肩が入らなくてメリットがあるのかを考えてみましょう。

考えても浮かんできませんね。

ディフェンスの時は仕方なく、肩を入れられない時がありますが、攻めで使えることはないでしょう。

肩を入れたければ左手でラケットを引く

右利きの場合で説明しますが、多くの人はラケットを持っている右手に意識がいきますよね?

もちろん、ラケットを使う競技だから、右手に意識がいくのは当たり前のことです。

しかし、肩が入らない人は少し意識を左手に変える必要があります。

どういうことかっていうと、今までテイクバックするために引いていたラケットを、左手主導で引いてあげましょう。

これができれている人は、無意識でも肩が入りますが、できていないなら本当におすすめの方法です。

右手は、ボールを打つ瞬間まではとくに使わないので、左手意識に変えてやってみてください。

まとめ

多くの人が肩が入っていないし、それに気づいていない。

簡単に肩を入れるには、利き手の意識を捨てて、ラケットを持ってない手で引くこと。

どれも反復練習が必要ですが、これはすぐにできるようになるので、ぜひやってみてください。

>>【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法

スポンサーリンク

よく読まれる記事