テニスのショットの中では、1番簡単そうに見えるフォアハンドですが、ミスを連発することが多いのも事実です。

あなたは大事な時に使えるフォアハンドを持っていますか?

今回は大切な時こそ使って行きたいフォアハンド。ということで、フォアハンドが試合でどのように生きていくか、などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜフォアハンドでミスが増えるのか?

  • スイングの自由度が高い
  • 打つ頻度が多い

主にこの2つが原因でミスがでてしまうのです。

打点が少し遅れようが、バランスを崩そうが、なんとか返すことができてしまうのがフォアハンド。そんなフォアハンドは自由度が高いため、いつもと違ったフォームになってミスになりがちです。

また、打つ頻度が多いからこそ、ミスが目立ってしまうんですね。頻度が多いからこそフォアハンドしだいで、展開も大きく変わってくるものです。

試合において、「これがあるから自分は勝てる」という武器があることが自信につながります。

逆クロスのフォアハンド

先ほど説明したとおり、打つ頻度が多いのがフォアハンド。ということで打つ回数が多ければ、それだけ武器を打てるチャンスがあるということにもなります。

フォアハンドの中でも多くの人が武器としているのが逆クロス。

なぜ逆クロスに打つのかというと、相手のバック側になるのと、相手の返球できるスペースの真ん中に戻りやすく、次のショットに備えることができる点です。

相手のバックに打つにしても、こちらがバックで打てば、それほど威力も出せませんが、フォアハンドなら威力が強くなりますよね。

また、ストレートに打つと、クロスに来た時に守りづらくなり、守備範囲が広くなってしまいます。

回り込みの逆クロスというのは、もっともリスクが低く、もっとも攻撃力の高い最強のショットと言えるんですね。

逆クロスの打ち方

打つタイミング

バックハンドの打ち合いの時に、あまくなったら回り込んで逆クロスに打ちます。

たとえ1番遠いいストレートに打たれたとしても、強いショットはほとんどこないですし、決められたら相手をほめましょう。

チャンスがあり次第、どんどん回り込みたいところですね。

よくあるフォアの逆クロス

よく目にする回り込みフォアハンドは、ボールの後ろにしっかり入って、狙った方向にラケットをだしていくようなスイングをします。

私も逆クロスに打つ時は、しっかり構えた状態で打つことを意識しています。

これでも十分攻撃力のあるショットを打つことはできますが、条件があります。

その条件として

構える時間があること!

構える時間がなくては、しっかり構えて打つことができないので、動く方向とスイング方向にズレが生じて、威力をだしていくのが難しくなります。

それにこちらに構える時間があると、相手にも構える時間があるので、効果が薄れてしまいまう場合があるんですね。

威力のだせるスイング

時間のない中で逆クロスに打っていくには、ステップしながら打つことが大切です。

オープンスタンスで、右足から左足に体重移動をしていく方法がありますが、それと同じように、スイングしていきます。

違うのは2つ。

  • 体を開きながら打つ
  • わざと遅らせて打つようにする

この2つが合わさると、より強い遠心力が働くので、スイングスピードが上がります。

わざと遅らせてコントロールなんてできるの?

と思いますが、ステップや体の開き、すべてが揃うからできることなので、タイミングの練習が必要です。

※注意すること

遅らせると言っても、ラケットヘッドが出てくるタイミングだけなので、腕はいつも通りスイングします。

腕まで遅れてしまうと遅れるものが多すぎて、単なる振り遅れになりコントロールできません。

体を開くことによっておこる、自然な遅れだけを利用しましょう。

これができれば、ラリーの中でスムーズな回り込みから逆クロスに展開できるので、相手の時間も奪えるのでいいことばかりです。

まとめ

フォアハンドは打つ頻度が多いだけあって、いざという時の武器になれば、ミスも目立ってしまいます。

とくにミスという場面に意識というよりは、どうしたらもっと使えるフォアハンドにするかを考えると、やはり逆クロスを使っていくというのがセオリーでしょう。

大切な時にいいストロークを持っていると、それだけでメンタルが安定するので、ぜひ使えるフォアハンドを身につけてほしいですね。

スポンサーリンク

よく読まれる記事