あなたはフォアハンドが安定していますか?

試合ではラリーが長くなることもあり、相手が強くなればなるほどミスが減り、ラリーが増えます。そんな時に相手より先にミスしたくないですよね。

今回は安定したフォアハンドを打つために、スピンのコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1番多く打つのがフォアハンド

ラリーの中で多く打つショットがフォアハンドです。そのフォアハンドでいかに攻めていけるかで差がでるんですね。

どのように攻めていくかというと、スピンをかけて相手のタイミングをずらしていきます。

スピンをかけることによってアウトが減るので、より安定したショットを打つことができます。

あなたはスピンショットを打つことで、ミスしないテニスをできていますか?

スピンのかけ方

  • スイング軌道
  • 肩でふる意識
  • わきを締める
  • 腰の沈み込み
  • 体の回転

この5つがスピンをかけるための要素になります。

スイング軌道

まだ始めたばかりや初心者は速いストロークを打つことがないと思うのですが、レベルが上がるにつれ、速いストロークを打っていかなればならないんですね。

この速いショットを安定させるために必要なのがスピンで、飛びすぎを抑えてくれます。

まずはスイングの軌道でスピンをかけていきます。ボールの下からラケットが入り、上に振り抜くことでスピンをかけられます。

言葉では簡単に思えますが、やってみると意外と難しく、毎回やるにはかなり練習しないと安定しないでしょう。

このようにスイングできてない時は結構ミスも目立ちます。

振り出す時のラケットの位置でスピンの量が決まります。低くすればするほどスピンがかかり、まだ覚えたての頃はラケットを極端に下げて、スピンをかける意識を体で覚えましょう。

下からラケットを出すからといって面まで上を向かないように気をつけてください。

当たる時の面は地面と垂直で、その面のまま振り抜いていきます。

どのレベルになろうともこれはスピンをかけるうえでは重要なことです。

>>フォアハンドの基本を間違えている人が多い!今すぐ見直そう!!

肩でふる意識

先ほどの説明で下から上にラケットを振っていくのですが、面を垂直に保ったままではスイングスピードが上がらず、スピンがかかりません。

そこで肩を支点にラケットを振り抜くことで、しっかりとスピンをかけることができます。できることなら、肩甲骨で押すイメージがいいです。

注意したいのが、肩が中心ということです。手首などを使ってスピンをかけないことです。

力がある人ならまだいいですが、どちらにしろ押しがたりず、かすれた当たりになったり、インパクトで面が下を向き、ネットしてしまう恐れがあり安定しません。

ひじを支点にしていくことも、スピンをかける上で大切な要素です。ですが、体の自然な動きでパワーを出すには肩を中心にした方が、遠心力を最大限に使うことができます。

肩を支点にしていくには、前でとらえる必要があります。そうすることでしっかりとインパクトでき、スピンとパワーを兼ねそろえたショットになります。

押しを強くするため、窮屈なスイングにならないためにも前に打点をとりましょう。

>>フォアハンドの肩の使い方を詳しい説明はこちら

わきを締める

スピンをかけるにはラケットを下から出していくことが条件ですが、なかなか下にセットするのが難しいと思っている人もいます。

そう思っている人は、わきが開いた状態でテイクバックしている可能性がありますね。

そんな時は、わきを締めてみましょう。わきを締めることで、自然とラケットが下から出るようになります。

下からスイングできるようになれば、強いスピン回転をかけることができます。

>>フォアハンドは脇の使い方がすごく重要!

腰の沈み込み

下半身をうまく使ってスピンをかけていきます。これはどんなショットを打つ時もそうです。

腕はインパクトにかかせない大事な一部ですが、腕だけでスイングしたとしても手打ちになり、良くない当たりになってしまうんですね。

これは私の1番の課題で、今現在足を使って打てるように特訓しています。

腰を沈みこませるには、ボールにしっかり追いついて、構える必要があります。

足をセットできると、腰を落とせて体もひねることができるので、スイングが加速してスピンをかけられるんですね。

セットした足で地面をけると上半身に伝わって、大きなエネルギーが備わったスイングになります。

体の回転

体を回転させるようにスイングしないと、窮屈になります。

また、スピンをかける時にはスイングスピードを速くする必要があるので、窮屈な状態では振りきれません。

なので、体をしっかり回転させていくことが大切です。できることなら、180度くらい思いきって回した方がスイングが速くなります。

>>軸を使ったフォアハンドストロークの詳しい説明はこちら

まとめ

スピンをかけるためのコツは、

  • スイング軌道
  • 肩でふる意識
  • わきを締める
  • 腰の沈み込み
  • 体の回転

この5つがポイントになります。

スピンをかける条件として、スイングスピードを速くすることです。

しかし、どんなことをやったらスイングスピードが速くなるのかわからない人もいます。

スピンをかけたい人は、上記のポイントを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事