あなたは回りこみフォアハンドについて、どんな印象をもっていますか?

・バックハンドが苦手な人が、できる限りフォアハンドでカバーしている。

・バックハンドが苦手というわけではないけれど、フォアハンドの方が攻撃しやすい。

・回り込むことによって、相手が構えるのでプレッシャーを与えることができる。

など、人それぞれに考えをもっていると思います。

私はバックハンドの方が得意だと思っているので、あまり回り込むことがないですし、バックハンドで打つのがくせになっている部分もあります。

今回は、回り込むことでどんな効果があるのか、心理面や打ち方についても紹介したいと思います。

スポンサーリンク

回り込むことによって期待できる効果

回り込みフォアハンド

ストロークにおける効果

まず全プレイヤーに共通してるのが、バックハンドよりフォアハンドの方が強打がしやすいこと。

中にはバックハンドでも、フォアハンド並みの強打ができる人もいると思いますが、打てる角度に大きな違いがあります。

フォアハンドでは、ショートクロスからストレートに自由に打つことができるのです。

さらに、高い打点でも打ちやすいので、高ければそれだけ角度をつけることが可能です。

ここまでは打つ側の考えです。次は打たれる側になって考えてみましょう。

メンタル面における効果

バックハンドで構えられるより、フォアハンドで構えられた方が、どこにくるかもわからず、一瞬の危機感を味わうと思います。

強いショットがくると思って、がっつり構えますよね。

それに強いショットでなくても、角度あるコースにコントロールされたら、届きません。届いたとしても、次で決められてしまいます。

すごいプレッシャーを感じますよね。

もっと言うと、回り込まれたくないとバック側を狙いすぎてアウトしたり、固くなってしまってスイングできず、ショットがあまくなってしまったり、負の連鎖になります。

回り込まれるくらいなら、フォア側を狙ったとしても、フォアが苦手というプレイヤーはそうはいませんので、やはりバック側を狙います。

しかし、フォアで押されるので回り込まれる可能性があるのです。

このように回り込まれた時だけでなく、そのあとにもプレッシャーがかかるんですね。

とくにフットワークがいい選手だと少し余裕があると素早く回り込んでくるので、怖いくらいです。

このように回り込むという戦術をもっているだけで、ここまでの武器になります。

これだけいいことがあるのに、使わないのはもったいないと思いませんか?

そんなこと言ってる自分が回り込まなきゃ損してますね。

では、回り込みフォアハンドをしっかり打つために必要なことを紹介したいと思います。

回り込む時のポイント

テイクバックの溜め

これは本当に1番と言えるほど大事なことです。ショットじたいしっかり打つためには準備が必要ですが、回り込んだ時こそ、その効果を最大限に発揮させるためにしっかりためを作りましょう。

回り込んで、微妙なショットでは相手にプレッシャーを与えることはできません。

1発でプレッシャーになるようなショットを打つのがベストです。

そのためには、大きく体をひねってテイクバックし、前方に向かって体重移動できるように地面を蹴ります。

回り込みフォアハンドは必ずオープンスタンスで構えるようにしましょう。

まずはしっかり打つために、フラット気味に叩いて、回り込む感覚を身につけてください。

どのコースにも打てるポジションに構える

基本的には回り込みフォアハンドは逆クロスに打つと、相手のバック側になるので、より効果的ですが、ストレートにも打てなければ、読まれてカウンターされます。

ストレートに打つには、逆クロスに打つよりも少しボールから離れると打ちやすくなります。

強く打てるショットとはいえ、相手に読ませないのが、回り込みフォアハンドのいいところですよね。

遠くに構えたところから、普通に打ったらストレート、逆クロスに打ちたかったら、打ちたい方向に体重移動すると打てます。

まとめ

バックハンドが得意でも、プレッシャーのかかり具合が全然ちがってきます。

チャンスがあれば、回り込むくせをつけて、主導権を握っていきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事