左利きのスライスサーブって返すの難しくないですか?

左利きのプレーヤーが少ないので、リターン慣れしてない人も多いと思います。

今回は、左利きのスライスサーブの返し方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

左利きはスライスが1番強い

左利きのスライスサーブって、バック側だし、さらに自分から逃げていくしで、返すのが難しいと思っている人は多いです。

私もその1人でバックにくると難しく、走らされたらもっと難しいし、返してもオープンコートができてるから決められてしまう、こんな経験をしました。

その時はダブルスで、相手は2人とも左利きだったので、結構印象強く残っています。

リターンのポイント

ポジション

リターンの構えるポジションですが、相手がスライスサーブを打ってくるのがわかったら、右利きの時より少し左に構えましょう。

ポジションをずらすことによって、逃げていくボールでも、少し近くなるので、スライスサーブでも十分対応できます。

センターが空くので心配だと思いますが、センターはコースが狭く、本当に速いフラットサーブを持っていない限りは難しいコースなので、確率は高くなりにくいです。

動き方

逃げていくボールに対して、外に動いたら前に力が伝わりません。

真横に動くのではなく、気持ち前に斜めに動くと、後ろから力を伝えられるので、しっかりした返球ができます。

スライスサーブは特にキレていくので、曲がる前に打つイメージを持った方がいいでしょう。

ラケット面

外に逃げていくスライスサーブは返球すると、体が流れているので少しそれます。

ストレートに打ったらアウトになる可能性があるので、クロスに返すようにしましょう。

クロスに打つと、きた方向にそのまま返す形になるので、力が伝わりやすくなります。

ボールの少し外側を打つイメージだとクロスに返しやすくなります。

さらに、クロスは距離が長くなるので、コートに戻る時間を作ることもでき、ボールもアウトしづらいといいことばかりですね。

私の場合はダブルスだったので、クロスに返すのが多く、その場でいい経験ができたのがよかったです。

まとめ

左利きのスライスサーブは返すのが大変なことはたしかです。

プロの試合を見ても、左利きの選手はみんなワイドをスライスサーブを武器にしています。

この3つを踏まえて、左利きのスライスサーブをぜひ攻略していきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事