「時間なくて週1しかできないけど、うまくなる方法ないかな~」と考えていませんか?

ここでは、週1のテニスで強くなる方法、練習の仕方を説明していきます。

当てはまる人いっぱいいると思うので、差をつけるために参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

週1の練習でテニスが強くなる方法はない

まず最初に言っとかなきゃならないんですけど、週1の練習で強くなれることはありません。

週1で強くなれたら、ほとんどの人は悩んでませんからね。

とは言っても100%というわけじゃないんです。

レベルが高い人ほど難しくて、レベルが低いほど可能性は高いです。

初心者~初級者はテニスの経験値がないので、週1でも上達は十分可能ですね。

上級者ほど技術力は高くなるので、週1ですべての能力をカバーするのは難しくなってきます。

でも工夫次第では強くなることは十分できます。

レベルでいうと、市民のオープン優勝、県大会で上位くらいまでは週1でも可能ですね。それ以上のレベルを目指すとなると練習量が足りません。

スポンサーリンク



週1のテニスでうまくなる練習方法

ここからは練習方法について解説していきます。

ラリーメインに練習する

まずは練習の大半をラリーにあてましょう。

スクールとかクラブじゃなければ、ほとんどの場合ラリーしかしないと思いますが、これがすごく重要になります。

週1の練習ということで、如何に生きたボールを打てるかが重要なんですよね。

球出し練習や壁打ちだと回転がかかってないため、実際に試合で受けるボールとは質が全然違います。

やっぱり相手がしっかり打ってきたボールは違うんですよね。ボールにエネルギーがあります。

ラリーメインにすることでエネルギーのあるボールを受けることができるため、感覚的にもより実践に近い練習を積めるというわけです。

練習試合も必ず取り入れる

練習をするときには必ず試合をやりましょう。

やっぱり試合に出るとなると、練習だけではわからないポイントの取り方だったり、展開力、試合の流れがあるわけです。

それらの能力を養うためにも、練習試合は欠かさずやりたいですね。

目安としては1回の練習で2回できるといいです。

1試合でもやらないよりいいですが、まあ試合経験は多く積んだ方がメリットが大きいのですからね。

できることなら2試合を違う相手とがいいです。いろんなタイプのプレーヤーと試合したほうが応用力が身につきます。

勝ち負けなんてどうでもよくて、試合経験と自分のやりたいことを重視した試合ができると最高です!

週1なら最低3時間は必要

練習と言うと、1回だいたい2時間だと思うんですけど、週1しかできない場合は最低3時間を目標にしましょう。

正直3時間でも少ないくらいなんですけど、これが最低ラインですね。

3時間だとしたら、

  • 1時間・・・ラリー
  • 30分・・・ボレスト
  • 30分・・・サーブ
  • 1時間・・・試合

これくらいの割合でいいです。

とにかくラリーと試合を重視したスケジュールでOKです。

ボレーとサーブに関しては最低限できていればいいので、後回しで大丈夫でしょう。

レベルの高い大会じゃなければ、鋭いリターンは返ってこないため、ストローク戦で戦っていくのがおすすめです。

アマチュアはストローク戦がほとんどですからね。

本当だったらサーブを強くした方がいんですけど、週1ということで優先順位は圧倒的にストロークになります。

スポンサーリンク



意識をしっかり持たないと強くなるのは不可能

練習内容を効率化することはとても大切なんですけど、それ以上に大切なのが目的意識をもって練習することです。

レベルアップの最大の近道は目的をもって、1球1球無駄なく練習すること。

毎日のように練習できる人はとくに考えなくても練習量でうまくなっていきますが、練習時間に限りがある人は目的意識がすごく大切になります。

同じ練習時間の中でレベルに差が出てしまうのは、呑み込みの速さとか運動神経も関係あるんですけど、目的をもって練習しているかの差でもあるんですよね。

勉強でもそうですが、解きたい問題が明確になった方が勉強の効率はいいです。テニスも同じです。

たまに何も考えずに練習をしている人で上達がめちゃくちゃ早いというケースもあります。無意識にやることがわかってるんでしょうね。

もしそんな人が目的意識をしっかり持って練習できたらもっとレベルアップできるんですけどね~。

それぐらい重要なポイントなので、週1という貴重な時間で強くなれるかどうか左右されるところです。

週1で強くなるのは難しいけど可能です

週1しかできないからと現状維持で、レベルアップを諦めてる方は多いですよね。

普通に楽しく練習してるだけだと難しいですけど、楽しいなかでもしっかり目的を持って練習ができれば全然レベルアップは可能です。

実際に週末しか練習できないケースというのは多いと思うので、強くなりたい方は試してみてください。

関連記事:体がなまった時にできる、すぐに感覚を取り戻す方法!

スポンサーリンク

よく読まれる記事