あなたは正しい打点で打つためにどんなことを意識していますか?

もし意識していないのならミスヒットを連発する日もありそうですね。

意識できるようになればミスヒットが減る、正確にヒットできるれば良いストロークを打つことができる。

いいことばかりですね!

ここでは、打点の目安となるものを上げていきたいと思いますので、ミスヒットが多い方は自分に合ったやり方を見つけてみましょう。

スポンサーリンク

フォアハンド

左手でボールをキャッチ

よくあるやり方が、左手を大きく出してボールをキャッチする。

これは一般的なやり方だし、誰でも簡単に取り組める方法です。

実際に左手をでキャッチする練習を取り入れてるチームもあるくらい、いい練習になります。

知らない人の方が少ないが、残念なことに重要視されてないことも多いので、ミスヒットが起こってしまう原因に。

これが基本の形でもあるので、できてない人はここから始めるのがいいかも!

ひじ越しにボールを見て構える

左手を出すことにはかわりないが、ボールをキャッチするのではなく、左ひじをボールめがけて出すことで、ボールに狙いの定めることと準備ができます。

ちなみに私もこの方法でやっています。

ラケットのシャフト部分を持ってテイクバックする人は、このやり方が1番やりやすい方法じゃないでしょうか。

手打ちになってしまう人も、このようにやれば体の回転を意識したスイングをしやすいので、ぜひやってみてほしい。

右ひじでボールを打つイメージでスイング

左手をうまく使うことは準備段階として大切ですが、実際に打つ方は右なので、ボールを正確に打つためには右でもうまく生かしていきたいところです。

そこで右手にできることは、ひじをボールにぶつけるように出していくこと。

これにより腕がしなるので、ボールめがけてラケットが出ていくことと、強く打つことが可能になります。

時々、グリップエンドから出すことを意識している人がいますが、これだとひじより先にグリップエンドが出てきやすくなるので、思い当たる方は注意してください。

もちろんひじを伸ばした状態で打つ人にとってはひじから出すのが難しくなりますが、それでもひじから出す意識は忘れないでいただきたい。

スポンサーリンク



バックハンド

右足の歩幅で合わせる

バックハンドはフォアハンドで違うのは、前にある方の腕でスイングをしなければならないから、目安を作りづらいところ。

そのため、ボールとの距離感は練習することで慣れていくしかありません。

しかし多少のズレなら修正することができます。それは、少しボールから遠いい位置に構えること。

踏み込み足の歩幅で調節することで、打点がズレたとしてもある程度なら合わせることができます。

フォアハンドに比べて自由度が低いからこそ、このようなやり方でカバーしていくしかないんですね。

まとめ

いかがでしたか?

ボールを正確に打つための要素として、何か1つくらい当てはまるものはあったでしょうか?

もしなかったらどれでもいいので、あなたに合ったやり方を取り入れてみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事