毎年恒例のスポーツ長者番付。

スポーツ選手の収入がわかる楽しみなイベントですよね。

とくに気になるのが、日本のテニス界代表・錦織圭!

今年は何位にランクインしたのでしょうか。

スポンサーリンク

日本人第1位の錦織圭

錦織

引用:ゆるりっち

ランキング 35位

年収 3460万ドル(約38億円)

日本人でもトップのランキング!

一昨年が29位、去年26位と考えると、ランキングでは少し下がってしまう結果となった。

それでも年収が減っていないことを考えるとさすがの結果じゃないだろうか。

世界のプロスポーツ選手の中で、これだけ上位にいるのはもう奇跡としか言えない。

年収が下がらなかった理由は?

あれだけの期間、戦線離脱をしといて下がらなかった理由は、スポンサーが離れなかったからだ。

普通半年近く離れて入ればスポンサーだって離れてしまうもの。

しかし離れなかったのは錦織の人気と今後の活躍に期待しているからだろう。

私も錦織を応援している1人として、期待できずにはいられません!これから更なる楽しみ!

主なスポンサー契約

  • ユニクロ
  • 日清食品
  • ウィルソン
  • ナイキ
  • ウィダー
  • リクシル
  • JAL

スポンサー契約の収入がどれくらいなのかというと、半年間試合に出ていなかったことを考えると35億以上!?

錦織の年収のほとんどがスポンサー契約料ということになります。

スポンサー契約ってすごいですね・・・

日本からしたら過去最高でこれから現れるのか?というくらいテニス界で最高の選手。

企業も簡単には手放さないでしょうね。

スポーツ長者番付2018のトップ10

1位 メイウェザー (ボクシング)  2億8500万ドル(約313億円)

2位 メッシ(サッカー)  1億1100万ドル(約122億円)

3位 ロナウド(サッカー)  1億800万ドル(約119億円)

4位 マクレガー (総合格闘技)  9900万ドル(約109億円)

5位 ネイマール(サッカー)  9000万ドル(約99億2000万円)

6位 ジェームズ(バスケ)  8550万ドル(約94億2000万円)

7位 フェデラー(テニス)  7720万ドル(約85億円)

8位 カリー(バスケ)  7690万ドル(約84億7000万)

9位 ライアン(アメフト)  6730万ドル(約74億1000万円)

10位 スタッフォード(アメフト) 5950万ドル(約65億5000万円)

われらがテニス界のレジェンド、フェデラーがトップ10にランクインしていました!

まとめ

錦織はテニス以外でも楽しませてくれますね!!

テニスとは関係ないですが、楽しみの1つでもあるので、また来年も期待していきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事