テニスノートをつける意味について疑問に思っていませんか?

ここでは、テニスノートをつけてよかったことについて解説していますので、テニスノートをつけるきっかけにしてほしいです。

スポンサーリンク

テニスノートをつけててよかったこと

テニスノートをつけてて自分のためになったかというと、かなり役立ってくれました。

1.客観的に見ることができる

自分のプレーを客観的に見れるようになって、自己分析が得意になりました。

プレーってあまりしっかり振り返らないですよね。

振り返ったとしても、家に帰ったら忘れてる。翌日には何も覚えてないことがほとんどだと思います。

これ個人競技だから余計でして、団体競技だったら周りとの連携のために役割の重要性がわかりやすいんですけど、テニスは1人でやるから重要度が下がります。

ほんとだったら良いプレーも悪いプレーも、理由を探した方が次につながりやすいんですよね。

振り返ってるけど何がなんだかよくわからないという人も多いでしょう。

そんな時にテニスノートは便利ですね。

休憩のたびに書き込むのは大変ですけど、練習が終わった瞬間に書いた方が間違いなく書けます。

あんまり練習から時間をあけると、記憶力の問題で具体的に書けなくなるため、なるべく気づいたことはすぐに書くことが大事です。

2.練習のたびにつけることで状態がチェックできる

練習のたびにつけたら、今自分のレベルがどのくらいかを理解できるようになりました。

自分の得意なショットって漠然としてませんか?

  • フォアが得意
  • サーブが得意
  • 走力に自信がある

などですよね。これをどのレベルで言っているのか、というところが重要です。

  • コース
  • スピード
  • 回転
  • 展開の仕方

この辺を意識してみると、各ショットのレベルが上がりやすいです。

頭の中で漠然と思っていてもいんですけど、それだと忘れるし前回の出来とかわからないですよね。

記録をつけることで、自分のレベルアップが可視化できるのは上達するうえで助かりました。

トレーニングの記録もつけるとさらにいいです

3.必要なことがわかるようになる

自分が何が苦手で、どのショットを練習したらいいかがわかるようになりました。

練習メニューって毎回同じなので、できることとできないことの差はどんどん広がっていきます。

にも関わらず、人によって得意なショットは違うんですよね。まあこれは置いていて。

ノートをつけると、何が得意何が苦手かすぐにわかるため、自分に足りない部分の練習ができるんですよね。

得意なことがあるのは大事なんですけど、できないことがないプレーヤーは弱点がないので怖いです。

もちろんポイントを取るうえで大事なショットがわかれば、育てることだってできますよね。

これがわかるだけ自分に必要な練習メニューが組めるため上達の近道になりました。

またこれらの記録はトレーニングにも生かすことができます。

走り込みや筋トレで必要な筋肉を鍛えれば、さらにパフォーマンスは高くなっていきます。

スポンサーリンク



おすすめのテニスノート【アプリ】

テニスノートって聞くと、ノートのようなイメージが強いと思いますが、今はアプリでも記録をつけることができます。

テニス手帳

テニス手帳

TAKASHI ISHIGAKI無料posted withアプリーチ

アプリの方が持ち歩いてる確率が高いし、ノートを持つ必要がないので楽ですね。

どっちがいいのかは使いやすさで決めていいです。

私の場合はノートの方が見やすかったのですが、アプリも便利で使い勝手はいいです。

テニスノートつけとくと今後の財産になる

自分の記録をつけておけば、それは実証済みでということで財産になります。

  • 調子が悪かった時にしたこと
  • クレームショットが多かった原因
  • 調子がよかった時のガットのテンション

などなど、挙げればきりがなくなっちゃいますが、これらの情報はすごく生きてくるんですよね。

とくに試合の時には実感できて、自分のやるべきことを書いておくと、余計なことを考えることなく戦えます。

自分のことを考えすぎると相手が見えなくなっちゃうので、自分のことはコートチェンジの時だけにしたいですね。

関連記事:【テニスノートの書き方】ノートをとるメリットと意識したい3つのポイント

スポンサーリンク

よく読まれる記事