相手にいいショットを打たれた時に、必ずぎりぎりで取るようなシーンがありますよね。

今回はピンチになった時に、しのぐショットが試合展開にどんな影響があるのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ピンチをしのぐショットとは?

振り回された時に、本気で取りにいってもぎりぎり触れるボールを返すショットです。

試合中でこのようになるシーンは少なくありません。

このような状態では、こちら側が完全に劣勢なので、攻めるためには1度しのぐことが必要です。

なぜしのぐことが重要なのか?

完全に不利な状態で打つしかないので、攻めるショットはミスしてしまうリスクがありますよね。

そんな時にしのぐショットとしてスライスを使います。

スライス回転をかけると、ボールの滞空時間が長くなるので、崩れた状態を立て直すこと時間を作ることができます。

また、そのショットが深く入れば、状況はイーブンになる時もあれば逆に相手のタイミングがずれて、チャンスがくるかもしれません。

ぎりぎり取ったボールでも、ミスしてくれることって結構ありますよね?

しのいでるだけに見えて実は効果的なショットなのです。

相手にダメージを与えることができる

こうしたショットってのは、結構嫌なもので、決めにいったショットが返されると焦りから、さらに厳しいところを狙いたくなりますよね?

よくシコラーはボールを拾いまくっていますが、あれも意外とメンタルにダメージを与えます。

リズムが作れないので、自分のタイミングでショットを打つことができなくなってしまうんですね。

それと同じで、しのげるショットは相手に精神的なダメージを与えます。

しのぐショットの打ち方

薄いグリップで打つ

薄いグリップでの返球が必要です。

走らされて低い打点で取る時もスピンをかけるわけではないので、返球することができます。

普段はあまり打つことがないので、練習して慣れることが大切でしょう。

慌てずゆっくり返す

しのぐショットは、相手のパワーを使って打つことが多く、打つというよりは運ぶイメージで打ちます。

なので、焦って打つよりは、ボールをじっくり見て打つことが大切です。

慣れてきたら、返球のコースや起動の高さをコントロールして、うまく時間を作れるように練習しましょう。

まとめ

試合に勝つためには、必ず打てなきゃいけないショットで、プレーで押されている時でも、返し続けることで、相手にプレッシャーを与えることができます。

プレッシャーを感じている時は、いつもよりミスが増えるので、ラリーでポイントできる回数も増えてきます。

1球でも多く相手にプレーさせて、次のポイントにつなげられるようなテニスをしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事