プロテニスで活躍する錦織選手をはじめとする日本人選手の活躍が目立つようになりました。

そんなニュースに日本のテニス界も大きく盛り上がり、一般のプレーヤーたちも、より楽しく、強くなろうと練習を一生懸命やります。

みんなよりも早く上達したいそんなあなたに、1人でもできるテニス専用の道具を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ボールを打つ回数と上達は比例する

誰でも簡単に、短時間で上達できるほど、テニスは簡単ではありません。

他のスポーツでも簡単に上達できるなんてものはありませんが、すべてに共通しているのは、打った分だけ上達できます。

人それぞれで成長スピードは違いますが、間違いなく言えるのは、ボールを打った分だけ、ボールに対する反応が良くなったり、そのスポーツ専用の筋肉がつくので、専用の体になっていきます。

しかし、部活やサークルだと、人数やコートによって、十分にできてないプレーヤーが多くいます。

そんな時に活躍してくれるのが1人でできる練習器具。

上達を手助けしてくれる道具

球出しをしてくれるコーチや打つ相手がいないときでも、1人で練習ができます。

練習器具は結構高いものが多いですが、部活やサークル単位で買えば、そんなに負担になることはなくなります。

テニスガイド2

ティーバッティングみたいな道具です。

ボールを叩く練習器具で、打点の高さにセットして、スイングしてボールを打ちます。

台とボールはゴムやバネで繋がっているので、自在に動くし安全に使うことができるんです。

打点の高さも40cm〜100cmまで調節が可能なので、好きな打点や苦手な打点で練習をすることができます。

打点が安定しない人にとっては、便利な練習器具ですね。

前作のテニスガイド1と合わせると、全国ではすでに5000台以上が使われています。

マイオートテニス

これは1人でやるんだったら、申し分ないほどの高性能な器具です。

ネットとボール射出器がついていてストロークやボレー、スマッシュの練習ができます。

ボールがでてくるタイミングもランプで知らせてくれるので、打つ準備をしてからできるのがいいですね。

耐久性もあり、動力源は外部電源と乾電池の2つから選べるので、広い場所ならどこでもできます。

また、ネットに打ったボールは自然にボール射出器に戻るように設計されているので、球拾いの必要もありません。

6球ほど準備できれば、自動回収になっているので、打ち続けることができます。

個人で買うには少し高価なので、部活やサークルで1台あると便利でしょう。

リバウンドネット

壁打ちの代用品になってくれるのがこのリバウンドネット。

ネットの角度を調節できるので、跳ね返ってほしいところに返してくれるのが嬉しいです。

室内でも壁打ち練習がしたい時にも、使える器具です。

テニスヒット

ボールにゴムひもがついていて、跳ね返ってきたボールを打つことができます。

従来のものだと、上に打たないと返ってこなかったのに対して、これは普通のショットを打ってもしっかり返ってくるように作られています。

より自然な感覚でストロークが打てるのが魅力で普段の練習では物足りないという人は、ぜひ持っておきたいですね。

この中でも、お手頃な価格で販売されているので、個人で購入することもできます。

まとめ

部活やサークルをみていると、その練習だけでは足りない場合がほとんどで、うまくなりたくても練習不足という人は少なくないです。

うまくなりたいのに環境がない人も、そのままではもったいないので、練習の質を上げるために、活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

よく読まれる記事