スポーツの中には野球みたいに攻守が決まっているものや、サッカーみたいに常に状況が変わるスポーツがあります。

テニスは常に状況が変わっていくスポーツですね。

今回は状況の変化による戦い方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

崩すか崩されるか

常に状況が変わるスポーツでは、相手を崩すことができるかが重要になってきます。

サッカーでは、相手の陣形が乱れることによって、攻めていける瞬間が訪れます。

テニスでは、相手のタイミングをずらすことによって、あまくなったショットを逃さず決めることがポイントできますよね。

ポイントを取られたことを悔やむ人がいますが、実は取られる前に崩されている場合がほとんどです。

ミスしている時には、自分のスキルが足りないということです。

普通のショットなのにミスをした場合、

  • 相手のストロークに回転がかかっててズラされたか
  • ボールスピードに対応できなかったのか

上記の2つはどちらも対応できずに、本来のスイングができなかったことが原因のミスですよね。

これは崩させているといっても同じことです。

勝つためには崩すこと

崩すことでポイントできる確率が格段にあがるといいましたが、多くの人はポイントを取ることに必死で、崩すという考えを忘れています。

相手が崩れてもいないのに、ポイントを取るためのショットを打ってしまい、カウンターをもらってしまうのです。

崩れていなければ、いいコースに打とうという心理が働くので、ミスも多くなりますよね。

試合でうまくいってない人のほとんどが、ポイントを取ることに集中してしまっているのです。

勝つためには、相手の状況を考えて常に自分が有利になるように展開する必要があります。

崩されない戦い方

今度は自分が崩された時はどのようにしたらいいのか。

まずは崩れている時には、無理したショットは打たないことが大切です。

プロの試合ではカウンターで逆襲するシーンがよく見られますが、一般ではよくないです。

たしかに、決めることができたらかっこいいし、返しただけだと次で決められてしまう可能性がある。

だったら一か八かで打つのもありなんじゃないか、と思うかもしれません。

たしかに、完全に崩された状態なら狙ってみるのもありです。

しかし、少し崩されたからといって打つのはメリットが少ないです。

  • 決まる確率が悪い
  • 相手はなんのプレッシャーもない

などがあります。

相手に何のプレッシャーもないプレーをしていては、勝つことは難しくなります。

カウンターが決まっても、まぐれと思う人がほとんどで、我慢ができないプレーヤーと認識されて、余計に振り回される展開になります。

崩されたら粘る

崩されて1発を打つよりは、深いロブの方がより効果的です。

ロブの返球は難しく、せっかく崩したと思っても、立て直す時間ができるのです。

また崩す必要があるので、相手にとっては大きなプレッシャーになるでしょう。

それに経験したことがあると思いますが、ロブを攻めにつなげるのって結構難しんですよね。

遅いボールだからといってミスしたことはないですか?

このようにロブには、使い方次第でメリットがあるんですよ。

まとめ

展開を意識したゲームメイクをしていきましょう。

ポイントとるよりは、どのように崩していくのかを考えることが大切です。

ミスが少なくなれば、状況は有利になってくるので、簡単にミスをしないテニスをしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事