サーブは誰をお手本にして練習していますか?

1度はプロのサーブを見たことがあると思いますが、きれいなフォームで無駄な力が入っていないくらいスムーズです。

真似できないと思うでしょう。

しかし、プロのサーブは意外にもシンプルな動きの組み合わせで、真似ができないわけではないんですね。

プロと同じサーブが打ちたいなら、筋力や身長の問題がありますが、打ち方としては簡単で、誰でも真似できるものばかりです。

今回は、プロのサーブを目標に、どんなことをしたらきれいなフォームでサーブを打つことができるか、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

グリップは薄く握る

メリット

  • スピードを出しやすい
  • 回転をかけやすい

プロのようにきれいなフォームで打つには、体全体を使って効率よくパワーを伝える必要があります。

薄いグリップで握れば、手首の返しが使えるので、伝えられたエネルギーを最後に手首で爆発させます。

一方、厚いグリップだとフラット系に打つことはできますが、手首の自由が効きません。

手首が自由に動かないと、体で作り出したエネルギーを最後の最後でうまく伝えることができず、振り向くことができなくなります。

よって、スピード、回転、パワーの3つが不足したサーブになってしまうんですね。

関節の可動域が広く取れることによってパワーを伝えていくことができるので、プロのようなきれいなフォームで打つには、薄いグリップで握ることが大切です。

正確なトスを上げる

自分の思ったようなスイングをするには、完璧なトスが必要。

プロは毎回同じトスを上げているから波が少なく、良いフォームで打つことができています。

良いトスを上げるには、腕全体で上げること。

腕全体で丁寧に打点に向かって運ぶイメージで上げます。

やってしまいがちなのは、手首やひじの反動をつけること。

それでは毎回同じように上げることはできません。

反動は大きなエネルギーを生み出しやすいですが、トスのような安定感を求められる時にはいりません。

それと、左腕だけでなく右腕も連動させるようにトスを上げています。

体全体を一連の動作で動かすには腕を同時に上げること。

インパクトまでがスムーズになるので、パワーロスなくスピードを出すことができます。

>>サーブのトスがうまく上がらない方へ、原因と解決方法はこちら

スポンサーリンク



左側に一直線の軸を作る

サーブを打つ時には、ほんの一瞬のタメを作ることで、バランスを保ちスイングスピードを速くできます。

しかし注意が必要で、タメを作る時に一本の軸を作ること。

軸がまっすぐでないとバランスが崩れてしまうので、スムーズなスイングができなくなります。

一般のプレーヤーの多くは、軸を作る前に打ちにいくか、バランスを崩してしまっているかです。

トロフィーポジションだけをやってみて、バランスが取れてるかを確認してみよう。

ボールを使わないでできなければ、実際にはもっとバランスを崩してしまうでしょう。

ひじを高くして大きくスイング

インパクトでは、ひじを高い位置にキープすることで、大きなスイング軌道になります。

そこで、テイクバックの時にひじを高くセットすること。

ひじが下がっている人の多くが、インパクトまでにひじを上げるのが間に合わず、小さなスイングになっています。

せっかくタメたエネルギーを伝えられないのはもったいないですね。

そのため、始めから高い位置にセットしておけば、形ができているので遅れることはありません。

また、打点に向けてひじを出していくことで、正確にインパクトできます。

打点と左足を一直線にする

インパクトでパワーを最大限伝えるためには、打点から左足までが一直線になることが大切です。

これは軸で、バランスを取るためにも必要です。

プロのサーブを見てみると、わかりやすいですが、軸が曲がった状態でインパクトしている人はいません。

軸が曲がった状態でインパクトするとパワーロスして、スイングスピードが上がりません。

力も伝えづらいため、コントロールもできなくなり、すべてにおいて良いことがありません。

多くはトスが正確に上がっていないのが原因なので、トスも正確に上げることで軸をまっすぐにできます。

最後まで振りきる

プロは常にしっかり振り切っています。

サーブがスムーズにスイングできないとか、入らない原因は振り切っていないことが多い。

しっかり振り切ることで、タメたパワーをボールに伝えることができて、スピンやスピードを出すことができます。

プロでもダブルフォールトする時がありますが、その時はわずかに振り切ることができていないから。

それでも、あの安定感は常に振り切ることを意識してスイングしてることにあります。

まとめ

プロのようなサーブは誰から見ても真似したいですよね。

決して一般のプレーヤーにはできないことではありません。

ポイントを押さえることでスムーズにスイングできるようにしましょう。


当サイトでは、テニスに関する情報を経験をもとに、あなたのテニスに対する悩みを改善できるよう、わかりやすく説明しています。

運営者情報はこちらから


スポンサーリンク

よく読まれる記事