あなたはサービスゲームを有利に進めることができていますか?

リターンゲームでは力を発揮できずに後手に回っていませんか?

それはサービスゲームに問題があります。

サーブに威力があれば、簡単にポイントをとることができて、リターンゲームに集中することができます。

今回は、サービスキープに苦労しないために、サーブをパワーアップさせる方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サーブが強くなるとどんなメリットがあるの?

サーブが強くなると、サービスキープが楽になります。なぜ楽になるのか、いくつか理由があります。

チャンスボールがきやすくなる

サーブに力がつくと、リターンをしづらくなるので、チャンスボールがきます。

サーブはリズムがないショットなので難しいですが、リターンもリズムがあるわけではないので難しいです。

リズムがない状態で、ショットの中で1番速いサーブを打たれるわけですから、リターンを返しづらいはずです。

サーブが強ければ強いほど時間がないので、考える時間を奪うことができ、チャンスが作れます。

リターンゲームに集中できる

サービスゲームを時間をかけずにキープすることができれば、必要以上に体力を使わずにすみます。そうすると、いつもだったらサービスゲームに使っていたエネルギーをレシーブゲームに回すことができます。

レシーブゲームをしっかり戦うことができれば、相手のサーブにプレッシャーをかけることができるので、ミスを狙うことができます。

相手は自分のサービスゲームを全力で取りたいと思っているので、エネルギーを使うしかなくなるんですね。

相手はエネルギーが残ってないので、さらにサービスキープが楽になるというサイクルです。

試合が終盤になればなるほど、相手はつらくなってくるでしょう。

他のショットの調子が上がる

テニスにおいてショットの調子が悪い時には、だいたいサーブも悪いことが多いです。

一方で、サーブの調子がいい時には、他のショットも調子が良くなります。

そんな経験はありませんか?

どんなふうに繋がっているかはわかりませんが、サーブの調子が良くなれば全体的にパフォーマンスが上がります。

ピンチの時に1本でしのげる

どんなに自分の調子が良かったとしても、相手の調子が良ければ、苦しい状況になることがあります。

ストローク戦になった時にも、つねにプレッシャーを感じながらプレーすることになります。

そこで、サーブに力があれば、ラリーをすることなくサーブ1本でポイントを取ることができます。

プレッシャーのかかる場面で苦労なくポイントできるのは、メンタル的にはすごく助かります。

では、打ち方の説明をします。

スポンサーリンク



サービスをレベルアップさせる9つのポイント

コンチネンタルグリップで握る

サーブはラケット面を地面に対して垂直の状態を真上から握る、コンチネンタルグリップで握りましょう。

コンチネンタルグリップはサーブの中でも薄い握りなので、回転をかけることができます。

強いサーブというのは、スピン回転がかかっています。

スピードが上がれば、ネットぎりぎりを通過しないとフォルトするため、回転をかけなければなりません。

回転をかけることで、サーブの確率を上げることができ、安定とパワーとスピードのあるサーブになります。

プロのフラットサーブは、スピン回転がかかっているので、スピードがありつつ確率の高いサーブです。

つねに60%は入るように打っているので、安定したサービスゲームを展開できています。

打つ方向に対して横向きに構える

サーブを打つ方向に対して、横向きのスタンスで構えましょう。

横向きで構えることで、すでに体がひねられた状態を作ることができています。また、横向きの状態からさらにひねることで、体を鋭く回転させることが
できるので、スイングスピードを上げることができます。

ひなりが足りないと、サーブにスピードが出ないばかりか回転もかけずらくなってしまいます。

しかし、体を鋭くひねっていくにはそれなりに筋肉が必要です。スピードを出したいからといって、自分の筋力以上にひねってしまうと、回転しきれずにインパクトを迎え、弱弱しいサーブになってしまうんですね。

体を回転させるには、軸がブレてはいけないので、体幹の筋力が必要です。

まずはひねってみて、戻せる位置を自分で確認しながら、筋肉と相談して横向きの角度を変えるのがいいでしょう。

テイクバックで左手を高く上げる

スイングスピードをあげるには、体を鋭く回転させることが必要です。

そのためには、テイクバックの時に左手を高くあげることが大切です。左手を高くあげることで、体をひねりやすくなり、前足に体重を乗せることができ、タメを作ることができます。また、左手を高く上げることによって体の左側側面の筋肉が伸びます。

伸びた筋肉は、当然元の形に戻ろうとするので、戻る力を利用して右腕を出していけます。

ただ腕を出すだけだと、なんの反動もないので、筋力に頼らざるを得ない状況になるので注意しましょう。

テイクバックで右ひじを高く上げる

サーブは頭より高い位置で打つショットです。インパクトに向けて、腕を上に上げていかなければなりません。

そのため、テイクバックでは右ひじを高い位置にキープしておくとインパクトに向けて肘を上げる動作をしなくていいのでスムーズにスイングができます。

ラケットを振り上げる動作は、意外にも筋力が必要になり、肩が疲れます。

右ひじが下がっているとインパクトに間に合わず、打点が低くなってしまったり、力が入る打点で打つことができません。

右ひじはすでに高い位置で準備することで、肩に無駄な力を入れずに打つことができスムーズにスイングできます。

体を回す瞬間まで左手をキープ

高い位置に左手を上げたら、打つ瞬間までキープしましょう。

体の左側の筋肉が伸びた状態から、元に戻ろうとする力を利用するためには、スイングする瞬間までエネルギーを取っておくことが大切です。

体を回す前に左手が下がってしまうと、筋肉の反動が使えなくなってしまい、スイングスピードを上げる要素の1つがなくなってしまいます。

そのため、打つギリギリまで左手は高い位置にキープして、体を回す瞬間に一気に体に引き寄せていくとスイングスピードを上げることができます。

左腕と右腕を入れ替えるように回転する

体の回転を最大限に利用するには、左腕と右腕を入れ替えるようにスイングすることが大切です。

そして、左腕と右腕の入れ替えをスムーズに行うには、軸を作る必要があります。左手を高くキープすることで、タメを作ることができます。

この時に、左手から左足が1本の軸になるように意識しましょう。

そうすることで、この軸を中心に左腕と右腕の入れ替えをスムーズに行うことができます。

軸ができていないと入れ替えた際に体がブレてしまうのでスイングスピードが上がりません。

スポンサーリンク



左足重心で両足でジャンプする

体重を思いっきりボールに伝えるには、左足に重心を取ることです。

そうすることで、前でジャンプすることができ、ボールにエネルギーを伝えることができます。

ここで意識したいのが、右足でもしっかり地面を蹴ること。

つい左足に体重が乗っていると、左足1本でジャンプしてしまいがちですが、両足で蹴ることでエネルギーをプラスすることができます。

一方で、右足重心になってしまうと、前にジャンプしていくことができなくなるので体重を乗せることができなくなり、エネルギーが伝わりません。

右ひじを高く上げてスイング

より大きなエネルギーを生み出すには、スイング軌道を大きく取り、遠心力を強くすることが大切です。

サーブはストロークと違って、自分のタイミングで打つことができるので、スイングが大きくても振り遅れる事はありません。

スイング軌道を大きくするには、右肘を高く上げることが大切です。

スイング軌道が小さい人にありがちなのが右肘が下がっていて、インパクトの後すぐに体に巻きつけるようなスイング。

これでは、スイングが小さすぎてエネルギーが足りません。

また、右肘を高く上げることで、支点になるので、スイングがスムーズになり加速させることができます。

プロネーションを使う

ボールに伸びを加えるために、唯一の右手の役割がプロネーションです。

プロネーションは、前腕の回転運動です。うちわで仰ぐときや、手を洗った後の水を切るときの動きがプロネーションと同じです。

プロネーションを使うことで、スイングだけでなく腕のひねりでボールを押し込むことができるのでより力強く打つことができます。

プロネーションができていないと、ボールをこするようなあたりで捉えてしまいサーブに伸びを出すことができません。

まとめ

サーブは、エネルギーが0の状態から打たなくてはならないので、スピードを出すためには大きなエネルギーを伝える必要があります。

そのためには、体の色々な部分を使って大きな力に変えていく必要があります。

これを全部やるのは難しいですが、もし足りていないことがあるなら、それはまだまだ伸び代があるのいうこと。

サーブの強化は、試合を有利に進めていくためには必要なことです。諦めずにどんどんパワーアップさせていきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事