あなたはフラットサーブに対してどんなイメージを持っていますか?

  • 速いサーブ
  • 身長が高い人が打つサーブ
  • 力がある人が打つサーブ

こんな感じのイメージを持たれると思います。

今回は、力がなくてもしっかり決めることができるフラットサーブの打ち方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

力がないから打てないという考えを捨てよう

まず、フラットサーブは速くて当然という考えを捨てましょう。

力があるに越した事はないですが、他のサーブと組み合わせてメリハリをつけることによって、フラットサーブを速く感じさせることができます。

要するに、使い方が大切と言うことです。

速いフラットサーブだけしか打てないならば、試合に勝つことは難しいです。

速くてコースが良くて確率が高い、と言うならば話は別ですが、一般のプレーヤーでそんなことができる人を見たことがありません。

力がなくても、正しい打ち方をすればフラットサーブを速く打つことができます。

左足の延長上でインパクト

 

フラットサーブでエースをとる

 

速いフラットサーブを打つには、ネット方向から見て左脚と打点が地面から一直線になる位置でインパクトすることが大切です。

この形でインパクトをすると、体のバランスが崩れないので、すべてのエネルギーをスイングに伝えることができるからです。

これが少しでも右や左になってしまうと、体重をそのまままっすぐぶつけることができないので、力がなくては打てなくなります。

テイクバックではワキを直角にする

速いサーブを打つには、それなりのスイングスピードが必要です。

スイングスピードをあげるためには、スムーズにスイングをしなければいけません。

そのためには、テイクバックのときに、ワキを直角にして構えます。

ワキを直角に保つことで、ひじの位置が高い位置に保たれるので、肩を回しやすくなり、スイングがスムーズになって、安定してインパクトすることができます。

ひじが下がってしまうと、打点までの距離がながくなってしまうので、正確な打点で打つことができません。

ひじをあげる動作は、結構筋力を使うため、打点までに間に合わなくなってしまい、タイミングがズレてしまうことがあるからです。

そのため、ワキを直角に保つことで、テイクバックの時点でひじを高い位置にセットでき、必要以上に筋力を使わないスイングをすることができます。

トスを体の正面にあげる

筋力に頼らずに速いサーブを打つには、トスを体の正面に上げて、全体重をボールにぶつけていくことです。

体の正面にトスをあげると、スイングのパワー全部をまっすぐにボールに伝えることができます。

これなら、筋力がなかったとしても、体重の重さだけは確実にエネルギーとなってボールに伝わります。

トスを自分の方向に上げてしまうと、前に向かってジャンプすることができないので、せっかく溜めたパワーをぶつけることができません。

だからといって前すぎるのも、ラケット面が下を向いてしまうので、ネットしてしまう確率が高くなります。

ラケット面がまっすぐ前を向くように出してみると、そこがあなたにとって最適な打点になります。

まとめ

力がなくてもスピード感あるフラットサーブは打てます。

そのためには、

  • 左足の延長上でインパクト
  • テイクバックではワキを直角にする
  • トスを体の正面にあげる

ということが大切です。

テニスは、どんなショットも体の使い方を正しくすることができれば筋力に関係なく打つことができます。

もっと強く打ちたいというならば、それ以上は筋肉を鍛えて、パワーアップさせるしかないでしょう。

これからは、力がないと打てないと考えるのはやめましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事