テニスをやる上で、サービスキープはとても大切です。サービスキープをすることでリズムができるので、試合を楽に進めることができます。

しかし、テニスプレーヤー全員が得意なわけではありませんよね。

今回はサービスキープの考え方や重要性を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サービスとレシーブ

サービスキープとは?

自分のサービスゲームをとることです。

サーブが得意な人だと、サーブだけでゲームが取れることもあります。

レシーブキープとは?

相手のサービスゲームをとることです。一般的にはブレークと言われています。

反応がよく、リターンが得意な人はブレークしやすいです。

サービスゲームの重要性

テニスというスポーツでは、サービスゲームが重要で、サービスキープさえできていれば負けることはありません。

サーブから始まるテニスでは、先手を取れるということなんですね。

最低でもタイブレークまでは勝敗は決まらず、最後まで戦うことができます。

なので、サーブを良くしてリズムよくサービスキープをしていくのが大切です。

一方で、サービスが苦手な人もいます。サービスが苦手だと、サービスキープに大きなエネルギーを使ってしまいでしょう。

サービスゲームに力を使いすぎてしまうと、レシーブゲームで十分に戦える体力が残っていません。集中力も使ってしまうので、いつもはしないようなミスも目立ちます。

サービスゲームは重要ではない!?

サービスが苦手だとしても、キープすることができるので、楽に試合を進めることができます。

しかし、アマチュアの世界ではサービスゲームはそれほど重要ではないことがほとんどです。

プロの世界では、サービスキープが普通ですが、それはあれだけ強力なサーブを打つことができるから。アマチュアで200キロを超えるサーブを打てるプレーヤーは探しても見つかりません。

そう考えると、レシーブが重要であると捉えることはできませんか?

苦手なサービスでキープできなくても毎回ブレークすることができればタイブレークまではいけます。

毎回ブレークすることができるのなら、1回でもサービスキープすれば勝てるのです。

サーブが苦手なあなたでも勝てる自信がでてきませんか?

私もサーブは苦手なので、レシーブに力を入れているし、1回でもキープすることができれば

安心してゲームを進めることができています。

スポンサーリンク



どっちかを取れば負けない

サーブだって、リターンだってうまくいかない時はあります。

そんな時は、どっちかを取れれば2ゲーム差がつかないので、タイブレークまでは続きます。サーブとリターンを連続で取られて、初めて2ゲーム差がつきますよね。

その2つをセットで考えた時に、どっちかを取れればいいという考えにはなりませんか?

サービスをブレークされたけど、次のリターンを取れれば問題ない。

そう思えてくると思います。

この気持ちが何より大切です。ブレークされたことで落ち込んでいては、相手は気持ち良くキープすることができるでしょう。

また、相手がキープしたら、こっちもキープすればいいのです。

こんなふうに考えることができれば、プレッシャーを感じずにプレーすることができます。

気持ちに余裕を持つことができれば、自然とパフォーマンスをあがって、相手からしたら、その開き直りこそがプレッシャーになるんですね。

相手はリズムよくサービスゲームを展開することが難しくなるので、リターンゲームでチャンスがくるかもしれません。

まとめ

サーブゲームは取れるにこしたことはないけれど、それほど重要視するものでもありません。

アマチュアの世界では、リターンの方が強い場合が多いです。

どちらか一方だけとれればいいや、と考えることがパフォーマンスの維持につながります。

サーブが苦手な人でも勝つ方法はあるので、ポジティブに考えられるといいですね。

テニスの上達に必要なピグマリオン効果って知っていますか?


スポンサーリンク

よく読まれる記事