サーブに対してどんな印象をお持ちですか?

  • 力がある人しか強く打てない
  • 身長が高い人が得意そう
  • あんま入らないしダブルフォルトばかりしてしまう

など人それぞれ思うと思います。

身長が高いのにサーブが入らないという人もいます。

今回は、身長の高いのにも関わらずサーブが入らない原因を紹介します。

スポンサーリンク

サーブは身長が高い方がいい

サーブは身長が高いほうがいい

身長が高いってだけで、サーブが強そうなイメージありますよね?

そんな身長が高い人でも、サーブ入らないと悩んでいる人もいるのです。

私からしたら、身長が高いのになんで?って思います。

同じクラブに身長が高い人がいるのですが、身長が低い私の方がサーブの確率がいいことも少なくないのです。

テニスはネットがあるので、身長が高い方が有利になります。

しかもサーブはネットに近いサービスコートに入れなければならないので余計ですね。

あなたはサーブが上手く打てていますか?

身長をいかしたダイナミックなサーブが入りますか?

原因と改善法

サーブが入らない原因

まず最初に、サーブをたたきつけるようにして打っていませんか?

身長が低い人はたたきつけるように打つことはできませんが、身長が高い人でも、たたきつけるように打ってしまうと、ほんとにフラットになってしまうので入らなくなります。

あなたはたたきつけるようにしてサーブを打っていませんか?

もちろん小さい人よりは、一定の確率を維持することができますが、日によって入る時と入らない時の差が大きくなります。

ちょうど試合の日に入らない時がきたら最悪ですよね。

どんな日でも一定にサーブが入ることが理想です。

サーブの改善法

たたきつけるイメージから、上に打つイメージに変えましょう。

身長が高くない人は意識してやっていることですが、身長が高い人も意識したい部分ですね。

ネットがある以上、いくら身長が高くても確率の高さをキープするのは難しくなります。

これを意識するだけでも、確率はだいぶ変わりますし、ボールの威力も上がります。

プロのほとんどは180cm以上ありますが、フラットサーブの時も少し上に打って回転をかけています。

身長が高いからと言って、変なこだわりは捨てることが大事なんですね。

まとめ

サーブに関して身長が高いことは確実に有利に働きます。

しかし、たたきつけても入ってしまうことが原因で、なかなか気づけない部分なのでしょう。

身長も才能の1つなので、身長をいかしたビッグサーブを連発しましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事