あなたはサーブの立ち位置をどうやって決めていますか?

今回はサーブのポジションについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

基本的なポジション

あなたはサーブを打つとき、どうやってポジションを決めていますか?

ただなんとなく真ん中から打っているという人が結構多いんじゃないかと思います。

それは間違ってはいないので、これからも続けてください。

真ん中にポジションする基準は、相手のリターンのコースで決まっています。

リターンから、ショートクロスに打ってくる確率はほとんどありませんので、サイド寄りにポジションはとりません。

逆にストレートにリターンがくるということが多いので、真ん中で構えるプレーヤーが多いのです。

これは試合を進めていけばわかってくると思いますが、相手がどちらに返すのが得意かでポジションを少しだけ変えていくのも戦略です。

真ん中からサーブを打つ最大のメリットは、最短距離であるセンターとネットが1番低くなっているところが入りやすいポイントです。

サーブ力に自信がある人ほど、真ん中から打つと、より最短時間で相手コートにいれることができるんですね。

スライスサーブなどの回転系のサーブが得意なプレイヤーは、ポジションを少しサイドにずらして構えるのもいい作戦です。

サイドに切れていくサーブにより角度が加わるので、オープンコートを作りやすくなります。

しかし、角度をつけたショットは角度をつけやすくなるため、自分も守る範囲が大きくなります。打った後に、どの位置をケアしたらいいか、考えながらやりましょう。

あとは相手がバックが苦手だったら、角度を変えると窮屈になったり、遠い打点で力が入らなかったりで、さらに打てなくなることがあるので、相手を観察するといいアイデアが浮かんでくると思います。

相手がよっぽど強いときにも、サーブのポジションを変えられたことは少ないと思うので、ポイントをとれる1つの方法だったりします。

ポジションを変えるだけで、角度がかなり変わるので、リターンからしたらやりにくいです。もちろんサーブをコントロールする技術は必要ですよ。

ですが、ネットの高さなどを考えると、1番ベストなポジションはセンター付近になるので、普段はこの位置から打ちましょう。

スポンサーリンク



リターンは強くても気にするな

最近はラケットの進化もあり、リターン力が向上してきました。

でもね、サーブのポジションを変えてみると、意外にもリターンって返せないんですよ。

リターンするときの景色が違ったり、ボールのくる角度が違ったり、いつもと違う要素が何個かあるだけで難しくなります。

それにリターンはボールが来た方向に返しやすいため、オープンコートを気にする必要はありません。(サーブ力による)

コースを狙ってもいつもと違う角度からの返球になるので、ボール数個ズレたりするんですね。

リターンが強くても今まで経験したことがなければ難しいので、ポイントをとるためには効果的です。

まとめ

サーブのポジションを変える人は、あまりいませんよね。

プロでも変えている選手はいませんが、日本の錦織はたまにポジションを変えて打っている時があります。

戦術の1つとして持っておくと、使える時がくるかもしれません。

スポンサーリンク

よく読まれる記事