パワーのあるサーブが打てたら試合が楽になると思いませんか?

私も練習している時もしていない時も、常にパワーを出すためにできることはないか考えています。

私はストロークで展開していくスタイルなのですが、時間がかかってしまいます。サーブがよかったら一瞬でチャンスを作ることができますよね。

この引き出しがあったら、ストロークでの展開も楽になるほか、すべてのプレーに余裕がもてるので冷静な状態を保つことができます。

スポンサーリンク

パワーの出し方

  • 体重移動
  • ジャンプ
  • 回転運動

大きなパワーを発揮するために必要なことは上の3つのです。

体重移動

トスアップするときに重心を前→後ろ→前と体重を移動させます。

右利きの場合は左足→右足→左足で、左利きの場合は右足→左足→右足と体重移動をします。

このように動くことによって反動をつけることができます。反動の力を使うことによって筋肉が伸縮して、腕がスッとでてくるんですね。

腕がスッと出てくるということは、しっかりと力が伝わっていて鋭いスイングになっていきます。

そうすると前回話したプロネーションがしやすくなり、腕の力を最大限に発揮することができます。

ジャンプ

ジャンプとは言っていますが、意識としては地面を蹴るが正しいです。

地面を強く蹴れば蹴るほどジャンプ力は高くなります。もちろん高いジャンプは打点を高くする効果もありますが、それ以上に地面から力をもらうことにあります。

強く蹴った力を腕までうまく伝えることができれば、スイングが速くなります。速くなるというか、鋭さが増すと言ったところでしょうか。

地面を強く蹴るには、しっかり膝をまげてジャンプに備えること必要です。

ジャンプとスイングがトスのタイミングに合わないかもしれませんが、慣れるまで練習しかないですね。

回転運動

パワーのあるサーブを打つためには、全身をしっかり使う必要があります。

膝をまげて溜めを作った時に相手に背中が見えるくらいひねります。

そうすることで、体の回転を使ったスイングをすることができるんですね。

回転させるのに体がぶれてはうまく力が伝わらないので、体幹をしっかり鍛えておくとフォームが安定します。

まとめ

パワー不足を補う方法は3つ。

  • 体重移動
  • ジャンプ
  • 回転運動

この3つの動作ができると、スピードはもちろん、それ以上にパワーのあるサーブが可能になります。

ぜひ習得してレシーバーのラケットを弾けるようなサーブを打ちましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事