あなたはシングルスの時に、正しいポジションに構えることができていますか?

私が見ている限り、うまいのに試合に勝てていない人は、ポジションに問題があるんじゃないか、と思っています。

今回はシングルスのポジションとフットワークについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

必ずセンター戻ればいいというわけではない

シングルスでは、コート全体を守らなくてはなりません。そのため、真ん中にポジションをとっている人が多いです。

しかし、 これは間違いなんですね。

たしかに、コート全体を守るにはセンターにいれば、どこにいくにも距離が同じになります。

しかし、それは相手がセンターから打ってきた場合のポジションであり、試合ではポジションは毎回変わるので自分もポジションを変えなければなりません。

ポジションの取り方

基本的にセンターという考えは、間違ってはいませんが、コートのセンターという考えは捨てて、相手が打てるコースのセンターとして考えましょう。

相手がデュースサイド側から打つ時は、ショートクロスを警戒しなくてはならないため、センターよりも少しクロスよりにポジションする必要があります。

アドバンテージサイドだったらその逆で、センターよりも少し逆クロスよりにポジションします。

細かく言えば、相手のポジションが少しズレるだけで、こちらも微妙に変えていかなければならないのです。

自分の打ったコースでも変わる

自分がクロスに打った場合、ストレートを含めてクロス方向により厳しいショットがくる可能性があります。

ショートクロスに打ったとすると、相手にもショートクロスに返球されることが予測されるので、さらにクロス側を警戒する必要があります。

ストレートに展開した場合は、ショートクロスに打たれることはほとんどないのでコートのセンターにポジションします。

基本的に返球する場合は、きたコースにそのまま返すのが簡単なので、自分の打ったコースに相手からも強いストロークが返ってきやすいということなんですね。

だからこそ、自分の打ったコースと同じところに来ることをメインに、オープンコートにならにようにポジションを変えるようにしましょう。

自分のストロークの質でも変わる

自分のショットが弱すぎたり、あまいコースにいってしまうと、さすがにどこにでもコントロールされてしまいます。

クロス方向に打ったとしても、しっかりスピンがかかっていれば、ショートクロスに打たれることが少なくなります。

このように、自分のボールの質によっても、相手が返球しやすいコースが変わるということを覚えておいてください。

スポンサーリンク



相手を観察する

相手のレベルによっても、打てるコースが変わったり、得意なコースがどこなのかを観察することが大切です。

ストレートが得意なのに、ショートクロスを意識しすぎたら、何本とポイントを取られてしまいますよね。

上級者となれば、ある程度のコースならどこにでも打ってくると思いますが、それでも得意なコースや苦手なコースはあります。これはその時のコンディションによっても違うので、相手をよく観察することでしかわかりません。

常に観察する意識をもって、得意なコースや苦手なコース、できれば嫌がっているコースまでわかるといいですね。

フットワークで打つコースを変える

ストレートに展開した時に、センターまで戻る距離は結構遠くなります。

フットワークが悪ければ、戻る前に相手に打ち込まれてしまうことになるので、時間がほしい時は、クロス方向に打つのがベストです。

しっかりディフェンスするには、自分のフットワークと相談して打つコースを考えることも必要なことなんですね。

自分のフットワークが悪ければ、本来打つべきコースに打ったところで、守れなくなるので打てないといった状況にもなりかねません。

その日のフットワークもあると思いますので、自分にどれくらい時間があればポジションにつけるのかを知りながらできたらベストです。

まとめ

シングルスのポジション取りは、ストロークのコース1本1本で変わります。

相手のポジションをしっかり把握することで、展開しやすいコースがわかります。相手に合わせたポジションをとることが大切なんですね。

センターとは、コートの真ん中という意味ではなく、相手の打てるコースの真ん中だということを覚えておいてください。

まずは基本的な相手の打てるコースのセンターにポジションできるように練習しましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事