あなたはストローク戦の状況を考えて、ショットを選択していますか?

ストロークが1パターンになっていると、なかなかポイントできないと思います。

今回はストロークのスピンとスライスを打ち分けることによって、チャンスを作り出す方法を紹介します。

スポンサーリンク

状況によって打ち分ける

打ち分けの前提として覚えておいてほしいのが、

  • チャンスはスピンを使う
  • ピンチはスライスでしのぐ

これだけ覚えておけば、あとはストローク戦で経験を増やしていけばいいです。

チャンスでスピンを使う理由

ストローク戦で余裕があれば、積極的にスピンを使いましょう。

スピンで返した方が速いストロークが打てるので、相手構える時間を奪うことができます。

守らされてる時のスライスは、その場しのぎにすぎないので、簡単に攻撃することができます。

自分に時間がある時にはどんどん使って、相手に時間を与えないように展開していきましょう。

ピンチでスライスを使う理由

スライスの特徴は滞空時間が長いこと。

ストローク戦で振り回されてしまった時に使うことで、1度時間を作れるので体勢を立て直すことができます。

スライスでの返球は、また攻められてしまいますが、根気強くチャンスが来るまでしのぎましょう。

スライス自体に推進力が少ないため、相手はカウンターのように打つことができません。

スライスは消極的なイメージがあると思いますが、攻めるために必要なショットなので、決して消極的な手段ではないということを覚えておいてください。

ストロークの中で組み合わせる

ラリーは基本的にスピンで打ち合うことが多いですが、あえてスライスを使うことでペースを変えたり、相手のリズムを崩すことができます。

リズムを崩すと自分のペースで打てないので、ミスをする可能性が増えます。

これは球出しの時と同様で、リズムがない状態だとうまく打つことができないのと同じことが言えます。

うまく打てないということはチャンスボールがくる可能性だってあります。

構える時間があるからこそ、あえてスライスを打つことでタイミングをズラせますね。

まとめ

私は以前、左手首の手術でスライスしか打てなかったので、スライスの幅を広げることができました。

たまにはスライスしばりの練習をすると、気付けなかったことに気づけるチャンスになるかもしれません。

スライスは逃げの手段ではないので、積極的に使ってストローク戦をコントロールしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事