テニスの試合では、さまざまなことが影響してきます。

今までしてきた練習はもちろん、昨日の食事や朝の食事、水分補給、睡眠といった生活面のこと。

どんなコートで練習していて、なんのガットを使っているか、少し考えるだけでもこれだけ多くのことが関わっていることがわかります。

今回はガットの準備について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

張り替えるタイミングは余裕をもって

普通だったら切れたら、次は何を張ろうかと悩むものですが、試合の近くになると同じガットを張りますよね?

練習と同じ感覚で打つことを考えると、試合前のタイミングで違うガットにするのはありえないことです。

では、試合の前の日にガットが切れて、慌ただしくなってしまった経験はありませんか?

私は以前、ラケットショップで働いていてガットを張っていたことがありますが、夜遅くにガットを頼まれることは少なくありません。

なんでこんなぎりぎりに張り替えるのか、謎でした。そんな人がいっぱいいたら、次の日に間に合わないこともあります。

もし次の日が試合だったらどうでしょう。ガットの張り替えが間に合いませんよね。

試合前には、切れたら張り替えるのではなく、前もって張り替えておくのがベストです。

いつ切れるのか不安なままプレーするのはよくありません。いつ切れるかなんて、その日の練習とかコンディションで変わるため想像もできません。

そのため、前もって張り替えることをおすすめします。

試合前にできる準備にガットを張ることをおすすめ

試合前にガットを準備することは、道具の中では1番大事なことです。

ガットはいつ切れるかわからないと言いましたが、2〜3日前にはラケットショップに預けておくと、確実に間に合うでしょう。

プロの選手にも、前もって預けにくる選手と、当日持ってくる選手がいるそうですが、前もって預けにくる選手の方が試合に勝っていることが多いそうです。やっぱり意識からくるものなんでしょうか。

私の周りの人たちも、ガットを張り替える人と張り替えない人がいますが、張り替えている人の方がいい結果をだしています。

なので、プロも一般も関係なく同じことが言えると思います。

あなたは張り替えていますか?周りの人たちはどうしていますか?

よく観察してみてください。試合結果が違うはずです。

まとめ

ガットに気を使うことがどれだけ大切なことかわかっていただけましたか?

ガットに気を使うだけで、試合にも影響してくるのです。

まずは、あなた自身が試合前に張り替える習慣をつけて、心おきなく試合に臨みましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事