あなたはフォアハンドやバックハンドのストロークを打つ時に、最適な打点で打つことができていますか?

ある程度上達している人なら、すでに意識しなくても、力が入りやすい打点で打つことができていると思います。

しかし、初心者は1番いい打点で打つことができていません。また、最適な打点がわからずにプレーしていることが多いです。

今回は、自分に合った最適な打点の見つけ方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

自分だけの最適な打点を見つける

インパクトでグリップを押してもらう

まずは、最適な打点を知るために、ボールは打たないで、インパクトの形だけ作りましょう。

そこで、誰でもいいのでグリップ部分を押してもらいましょう。

どの打点が1番力が入りますか?

前後左右に動かしてみてください。1番力が入りやすい打点が見つかると思います。

そこが、あなたにとってもっとも最適な打点と言えます。

人間の体の構造は、人それぞれで大きな違いはありませんが、筋肉や骨格の違いによっては若干の違いがあるので、うまい人の真似をしたからってうまくいくわけではないことを覚えておきましょう。

ボールから離れて構える

力の入りやすい打点はわかっているけど、毎回打つ打点が違っていたり、初心者に多いのはボールにぶつかりそうになってしまうこと。

テニスはラケットを持っているぶん、ボールから離れて構える必要がありますが、距離感がないので、ボールに近づきすぎてしまいます。

この状態でスイングしても、つまってしまい振りきることができません。

まずは、軸足になる右足をボールから離れたところにセットすることが、最適な打点で打つ近道です。

少しくらい遠くセットしたとしても、体重移動の左足をボールに向かって出すことで、近づくことができます。

また、他のスタンスでは、バランスが崩れやすく、力を入れるのも難しいので、打点に集中することができません。

そのため、体重移動をしやすく、力の入りやすいクローズドスタンスで打つことをおすすめします。

練習では体重移動を使って打つ

先ほど説明した通り、打点を合わせる段階では、球出し練習の時は体重移動をして、最適な打点で打つことだけを意識しよう。

打点は感覚でしか覚えることができないので、何回も同じことを繰り返す反復練習が最適です。

また、球出し練習で何回も打っているうちに、最適な打点の気持ちよさがわかってきます。

ちゃんとした打点で打つストロークに力は必要ありません。

気持ちよく打てることをたくさん体感しましょう。

まとめ

最適な打点の見つけ方は、

  • インパクトでグリップを押してもらう
  • ボールから離れて構える
  • 練習では体重移動を使って打つ

この3つをやることで、最適な打点を見つけることができます。

ちゃんと打点で打てないと、狙ったところにいかないのは、今までの経験でわかると思います。

なので、インパクトの大切さを理解しながら、正しい打点を見つけていきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事