夏は日も伸びているし、長い時間テニスができますよね。冬は寒いし日が短いしで、テニスをやっている人は夏が好きな人が多いと思います。

しかし、夏は夏で危険な季節。

夏バテや痙攣などの筋肉のトラブルが絶えずあります。あなたも1度は経験したことがあるんじゃないでしょうか。

今回は、夏バテや痙攣を起こさないための対策を紹介します。

スポンサーリンク

なぜ夏バテや痙攣は起きるの?

夏になると暑さに体が参ってしまいますよね。とくに8月に入ると夏も本格化してきて、なかなか思うようにテニスができなくなってしまいます。

せっかく天気がよくて、日が長くて、体もよく動くのに、夏バテしてたらテニスやる時間があるのにもったいないですよね。

とくに社会人の人は、仕事終わりとなると間違いなく冬はできなくなります。ナイターでやるなら別ですが、なるべくなら太陽が出てる時にやりたいはずです。

学生は学生で、夏休みなので1日中テニスをやっているなんて日も珍しくないですよね。

そういう意味では日中にプレーしている学生の方が危険な状況であるのかもしれませんね。

そんな夏バテが起きてしまう原因は主に、栄養が足りなくなってしまうことです。

栄養が足りないことに対して私たち自身で注意が必要なのが、

  • 食事で栄養を摂ること
  • 適切なタイミングで水分補給をすること

大きくこの2つです。

結構できていない人が多いのではないでしょうか?

食事や水分補給に気をつけるだけでも、夏バテは解消されますし、疲れやダルさも取れます。

スポンサーリンク



3食きっちり食べよう!

まずは食事をちゃんと取ることが何よりも大切です。

汗を大量にかいてしまうと、体の中のミネラルなどの栄養が失われてしまうんですね。それが原因で体内の栄養のバランスが崩れてしまうのです。

ちゃんと食べてるよ!

という人でも、こんなことはないですか?

  • 麺類だけで済ませている
  • 食べたいものだけ食べている

自分でもわかっているとは思いますが、栄養が偏ってしまっているんですね。重要なタンパク質やミネラルがたりません。

こんな食生活をしていては、夏の暑さに対抗することはできませんよね。

メインの炭水化物以外にもプラスして、タンパク質やビタミン、ミネラルも摂りましょう。

タンパク質

  • 肉類
  • 乳製品
  • 豆類

ビタミン、ミネラル

  • 野菜
  • 海藻

普段から少食で、夏になると余計に食べられなくなってしまう人もいると思います。そんな人は、

  • 香辛料
  • 薬味

などを活用すれば、少しでも栄養を摂ることができると思います。

できる限り食事から摂取することが望ましいですが、そんな訳にもいかないですよね?

食べていてもしっかり栄養を摂りたい人、食事ができなくて栄養が足りないことが心配な人は、プロテインを飲むのが効果的です。

できる限り栄養バランスのとれた食事を心がけることが、夏バテ防止の第一歩になるんですね。

スポンサーリンク



水分補給にも意識が大切!

人間の体の2/3は水分でできているので、汗で失ってしまうと異常事態なんですね。水分だけでなくミネラルも失っているので、同時に摂ることが大切でしょう。

必ず15〜20分おきに150〜200mlは水分補給したいですね。遅くても30分おきには絶対。

ミネラルと聞くとなんだか難しそうな感じがしますが、スポーツドリンクなら必要なミネラルが配合されています。

なるべく冷たいものは避けてください。消化にエネルギーを使ってしまうので、機能を正常にできなくなってしまう場合があります。

水分がなくなってからでは遅いんですね。そのためテニスをやる前から少しずつ、できれば300mlは摂取することを覚えておきましょう。

また、水分補給は脱水症状を防ぐこともできるので、特に夏は意識して取り組みたいところです。

まとめ

夏バテには、食事や水分補給が関係している。

また、それらは自分の生活習慣によるもので、知っておかないと自ら夏バテを引きおこしていることになります。

夏は栄養バランスのいい食事を3食取って、プレー中は水分補給を考えると、夏でも元気にテニスができるでしょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事