テニスのレベルアップには練習がかかせませんが、疲れた体を回復させるためには、食事が必要です。

あなたは体を回復させるための食事をとっていますか?

今回は、体作りに必要な食事の知識を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

食事も練習のうち

食事で栄養を摂る

食事も練習の1つで、アスリートならもちろん、意識が高い人は栄養面も気にしています。

しかし、あなたも経験あると思いますが、練習で疲れた後にまともに食事できますか?

私は気持ち悪くなっていて、食欲がほとんどありません。

そんな時に活用してほしいのが、栄養補助食品であるサプリメント。

プロの選手がコートチェンジの時にバナナを食べているシーンを見たことがあるでしょう。あれでエネルギーを補給しています。

まずは食事で栄養を摂る

サプリメントは大事な栄養補給ですが、しっかりと食事は摂りましょう。

テニスは終始ラケットを振り回して、コート上でダッシュ&ストップを繰り返します。

そんなことをやったら、当然、筋肉や関節はダメージを負い、傷ついていきます。

ここで必要なのが、筋肉の材料となるのがたんぱく質と、運動中に使われるエネルギーの炭水化物です。糖質ともいいます。

体の中に糖質が少ないと、すぐにエネルギーなるものがないと判断し、不足した分を筋肉が分解して補ってしまうため、疲れが溜まるどころか筋肉も痩せ細ってしまいます。

運動をする前には必ずエネルギーを補給しましょう。

終わった後は、不足している栄養をとってあげることで、回復させてあげましょう。

この食事で疲労感が少なくなり、さらにハードに練習をすることができます。

それに、筋肉が細くなるのを抑えられれば、体も大きくなり、パフォーマンスの向上やスタミナでも有利になります。

1日に必要な栄養量

炭水化物

体重×5g(運動しない時は3g)が必要な量です。

炭水化物はいろいろな食材に入っていて、何を食べても摂取できると思います。

サプリメントを選ぶ時には、食事でどれだけ取れているかを計算して考えてください。

たんぱく質

体重×2〜3gが必要です。

たんぱく質は運動をしない日でも回復するためには必要なので、練習しなくても多く摂取しましょう。

しかし、日常の食事だけではたんぱく質は摂りきれないのが現状で、プロテインを積極的に飲まないといけません。

脂質

総カロリーの2〜3割が必要です。

脂質は必要ないかと思いきや吸収に欠かせない栄養素なんです。

サプリメントの役割

サプリメント、プロテイン

先ほどの3つの栄養素が必要と言われて、いったいどんな食事をとったらいいのかと思う人もいるでしょう。

主に必要なのはたんぱく質で、他の2つは基本的に普通に食事をしていれば摂りすぎてしまうのです。

それに比べると、たんぱく質は足りなすぎます。

まずはたんぱく質を中心に考えていきましょう。

じゃあ肉料理を中心に食べればいいのか。と言っても毎日は食べられないし、調理には油を使うので、脂質を摂りすぎてしまいます。

ほんとに考えたら余計にわからなくなってしまいますね。

どうしても偏ってしまう食事の不足分を補うというのがサプリメントの役割です。

まとめ

・まずは食事から栄養を摂る
・足りない栄養はサプリメントで補う

テニスのパフォーマンスを上げるには、体作りが大切なこと。

1ヶ月やそこらでは体は変化しないので、日々の食事に気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事