テニス用の体作りは、テニスをやっているだけでは、なかなか作れないものです。

作れないわけではありませんが、テニスだけをしていても時間がかかってしまうんですね。

しかし、上達したいならテニス専用の体を作った方がいいんですね。

私が自宅で行っているトレーニングを紹介します。

スポンサーリンク

テニストレーニング内容

  • 腕立て伏せ20回×2
  • スクワット20回×2
  • 腹筋15回×2
  • 背筋30×2
  • ツイスト 左右各10×2
  • 腹筋(バランスボール)10×2

主なメニューはこの6種目。全身をバランスよく鍛えられるメニューです。

腕立て伏せ

肩幅より少し広めに手をついて行います。主に胸筋の筋肉を鍛えながら伸ばして、柔軟性を高めています。

注意することは以下の2つ。

  • 体幹をまっすぐにすること
  • なるべく胸が床につくくらい下げること

間違ったやり方として、額が床につくようにやると、ひじの曲げが少なくなってしますので、胸筋が伸びなくなってしまいます。

体幹に力を入れておくと、胸筋や腕と同時に、腹筋や背筋もトレーニングできます。

スクワット

手を前に伸ばして、膝がつま先より前に出ないよう意識して腰を下げましょう。

つま先より前に出てしまう人が多いですが、出さないようにするには股関節の柔軟性が必要です。股関節が硬い人はフォームを崩してしまうでしょう。

お尻を引くことを意識するとやりやすくなります。

このように正しいフォームでやっていれば、自然と柔軟性も高まり、ケガの予防をしにくい体うを作ることができます。

腹筋

肩甲骨が床から離れるくらい上げれば十分です。

しっかり腹筋に力が入ってるか確認しながらやりましょう。

体を起こしすぎてしまうと、腰に負担がかかってしまうので注意してください。腰を痛めている人や、弱い人はこの腹筋がおすすめです。

背筋

日常生活ではあまり使われない筋肉なので、体を起こすだけでいいトレーニングです。

刺激が足りなければ、常に太ももが床から離れてる状態でやってみましょう。

ツイスト

仰向けになって、右足を90度に曲げて、反対の足は床から浮かします。

右手で頭を抱えて、斜めに体を起こしましょう。

起きた時に左足をお腹の方に寄せて、右肘と左膝がつけるイメージでやっていきます。

最初はきついですが、腹斜筋が鍛えられるのでテニスにはぴったりのトレーニングですね。

これを左右ともにやります。

腹筋(バランスボール)

バランスボールの上に背中をのせて仰向けの状態を作ります。

腹筋をしっかり伸ばしたらスタートで、これも上げすぎないように気をつけましょう。

バランスボールを使うのは、床でやると、それ以上に状態を反らすことができないからです。

サーブを打つ動作に必要なので、バランスボールでの腹筋はかなりいいトレーニングになります。

まとめ

以上のトレーニングは初心者の人でも、リハビリ中の人でも簡単にできると思います。

とくにバランスボールでの腹筋は体を起こす力が強くなるので、サーブを極めたい方は試してみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事