テニスでは、ネットに近ければそれだけポイントできる確率が上がります。

今回は、ボレーでポイントしたいのに、うまくいかない。そんな時にできることを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チャンスボールを決められない

浮いてきたボールは明らかにチャンスで、あとはボレーするだけでポイントができる状態なのに、アウトやネットをしてしまう。

結構よく見る光景ですよね。私もミスしたこと、あきれるほどにあります。

原因としては、チャンス過ぎてラケットを振りすぎてしまったり、足を止めてしまっていることがあげられます。

たしかに、チャンスボールは思いっきり打ち込みたいですし、あとは決めるだけと時間に余裕があるので、さぼってしまいます。

こんな時は、ボレーの基本としてラケットを振らないようにして、足りないパワーは足の力で、しっかり踏み込んで打ちましょう。

そうすることで、ミスヒットが少なくなって、安定したボレーを打つことができます。

つないでいるのにミスする

原因としては、深いところに打とうとして、ラケットを強く握りすぎてしまっている可能性があります。

ラケットを強く握ってしまうと、手打ちになりやすく、リストを柔らかく使うことができないので感覚が鈍くなってしまいます。

まずはできる限り握りを緩めて、手打ちを解消しましょう。そうすることで、感覚をよくなりコントロールできます。

コントロールができない

ボレーがうまい人は、まったく力んでいません。

力まないで打つには、ラケットの真ん中でとらえることが必要です。

原因としては、集中力がなくなっていたり、疲れていてポジションに入ることができなかったりです。

コントロールしやすくするために、足を使って打ちやすいポジションに構えることが大切です。

そうすると、面の真ん中で捕らえやすくなりますし、真ん中にあたれば手のひらの感覚がよくなって、コントロールできます。

まずはラケットの真ん中で打てているかを確認しましょう。

スマッシュが決まらない

スマッシュはコート内で打てるショットの中では1番強くポイントがとれるショットです。

原因としては、風と太陽などの自然が影響するものと、体を開いて構えることが関係しているでしょう。

まずはチャンスボールの時間が長いので、ボールをしっかり見ることが大切です。

また、太陽の位置は変えることができないので、打点を変えることで解消されることがあります。

まとめ

ボレーというのは、ラケットの動きが少ないからこそ、パワーを出したりするのが難しくなります。

まずは、足をしっかり動かして、いつも自分が打ちたい打点を意識して構えることが大切です。

スポンサーリンク

よく読まれる記事