ボレーを打つときに、なぜか力が入らない」、「打点は間違ってないはずなのに力負けする感じがある・・・

こんなふうに思いながらボレーをしていたことはありませんか?

ボレーは相手のストロークの勢いがある状態で返球しなければいけないため、しっかり力が伝わらなければ負けてしまいます。

もし上のように思っているなら、力が伝わっていないのかもしれませんね。

そこで力を伝える方法として、インパクトの瞬間の体の向きについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

体の正面でインパクトする

まずボレーで絶対NGなのが、体を開いた状態でインパクトすること。

これはストロークでも同じことが言えますが、ストロークでは体を開いた状態でインパクトする時もありますよね。

それは回転運動でスイングするから、多少の開きが許されることであって、ボレーでは回転運動は使えないので100%NGです!

ボレーで回転運動なんて使ったらコントロール不能だし、ホームランばかりになるでしょう・・・

感のいい方だったら、ここまで説明すればだいたいわかっていただけたと思いますが、ボレーではいかに回転なしで力を入れることができるかです。

そうなってくると最初に説明したように、体を開いてしまったらダメなわけです。

もし壁を強く押すとしたら、どのような形だと1番力が入ると思いますか?

両手をまっすぐにした状態〜少し手を広げた状態の間が1番力を入れることができます。

これをボレーにも応用すると、力を伝えたい場所に対して、体がまっすぐ向いた方が力が伝わりやすいってこと。

そして、ボレーのスイングは肩が中心になるので、胸筋に力が入りやすい状態の方が、力が伝わりやすくラケット面が安定するため、ストロークの球威にも負けない形を作ることができます。

腕が体の真横に伸ばすとわかりますが、胸筋に力が入りにくくなりますよね?

もしそこでインパクトしたら胸筋がうまく使えないので、コントロールがきかないのも仕方ありません。

体の向きが大切だというのは、以下の2つが理由になることがわかりました。

  • 回転運動が使えない
  • 胸筋に力が入らない

体の向きをインパクトに向かってまっすぐに向ければ、以上の2つがどちらとも解決できることがわかりましたよね。

>>力負けしないバックボレーについて詳しく詳しくみる

まとめ

ボレーを打つときの体の向きについて説明させていただきましたが、力が入らない理由がわかりましたか?

胸筋に力が入りやすい打点で打てれば、力負けすることが少なくなります。

人それぞれで力が入りやすいポイントが若干違うので、自分の打点を見つけて、常にそこで打てるように体の向きに気をつけてボレーを打ってみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事