【高機能ヨガマット】トレーニングマットを選ぶときに気を付ける5つのポイント

ヨガマットにこだわりはあるでしょうか?

テニスをメインに考えている方は、あまりヨガマットについて考えたことがないと思います。

買ってから、「もっとこんな感じのがよかった」、「この機能付いてたら嬉しい」ってことがありました。

この悩みに関しては、ヨガマットに限らずなんでも当てはまるでしょう。

そうならないために、機能面が充実したヨガマットを紹介します。

トレーニングに適した高機能ヨガマット

私自身もヨガマットはなんでもいいと思っていたのですが、使ってみると改善点は多いものです。

今回おすすめするヨガマットはトレーニングに最適です。

このヨガマットはMe-Meという楽天市場にあるショップで販売されています。

トレーニング関連のグッズはヨガマットしかありませんが、ピンポイントに選んでいるため高性能です。

そのぶん価格少し高めの設定になってますが、そんな頻繁に買うものでもないので良いものを買いたいですね。

トレーニングマットの特徴としては以下になります。

  • 肌触りがサラサラしてる
  • 衛生面◎
  • 滑り止め加工
  • 撥水性◎
  • 素材の原料が2~3倍の価格=高級品
  • 丈夫で長持ち
  • 幅が80cmで広く使える
  • 14種類のカラーから選べる

魅力的な要素が多いですよね。

では、選ぶときに気を付けたいポイントについての説明をしていきます。

トレーニングマットを選ぶときに気を付けたい5つのポイント

1.撥水性に優れているか

いくら体幹トレーニングといっても真剣に取り組めば汗はかきます。

それに四肢を動かしながらやるトレーニングでは、汗は止まることなく流れていきます。

ヨガマットが汗を吸ってしまうと、べちょべちょになって使い物にならなくなることは少なくありません。

この時に重要になってくるのが撥水機能です。

乾くほどの吸水性能があればいいですが、どうやらそのようなヨガマットはないみたいです。

撥水性が優れていれば、セット間にタオルで拭けるため、不快感なくトレーニングすることができます。

ドリンクをこぼしてもサッとふけるのは嬉しいポイント。

トレーニング後に干して乾かすという作業もいらないのは大きなメリットですね。

2.滑り止め機能があるか

ジワジワと出てくる汗はヨガマットに触れている部分を滑らせます。

例えば肘をついて行う体幹トレーニングでは、時間が経つにつれ滑ってひじの位置がズレます。

安定しない環境でやるのは体幹にとってはいい刺激になると思いますが、重要なのはフォームが崩れないことなので致命傷になりかねません。

滑り止め機能が優れていれば、ズレることなくトレーニングに取り組むことができるため、ここも重視したいポイントです。

3.衛生的に不安はないか

衛生面が気になるという方は少ないかもしれませんが、汗を吸いつくしたマットを使い続けるのってきついはずです。

撥水性という点で衛生面に心配がいらなくなるのは嬉しいです。

汗はもちろんのこと汚れも気になる要素ですよね。

高級品であるTPE素材は拭き取り除菌ができるため、使い終わったらサッと拭けば次に使う時に不安がありません。

4.幅にある程度余裕があるか

いろんなトレーニングをしていると、足や手を広げて使うこともあります。

そのときに幅の狭いマットだと、支える点が1つでもマットから出ればよれてトレーニングどころではありません。

体格のいい男性なら通常のトレーニングでさえも幅が足りないことも想像できます。

このような時、幅が広いマットならメニューに気にすることなくトレーニングに取り組むことができるしょう。

5.マットの厚さ

厚さは何でもいいかと思いますが、フローリングでのトレーニングだと肘が痛くなります。

トレーニングにもよりますが、肘、膝などの尖った部分はトレーニングに支障をきたすほどの痛みが出ます。

マットの厚さは厚ければいいというわけではありません。

ただ、多くの場合フローリングで行うと思うので、10mm程度はほしいかなってところです。

ヨガがメインなら幅が狭いのでOK

幅が広いことに越したことはありませんが、ヨガをメインにやるなら狭くてもいいです。

Me-Meでは、何種類かあって1番人気のヨガマットがあります。

こちらは、機能はトレーニングマットと一緒で、違う部分は幅だけです。

1番人気なだけあってレビュー件数と評価、ともに高得点を獲得しています。
レビューを見に行く

こちらのヨガマットは、ちょくちょく半額クーポンを配布しているのでチェックしてみるといいです。

現在(2020/12/29)では驚異の60%OFFで購入することができるので、まずは商品を見てみましょう。

まとめ

ヨガマット1つとっても、これだけ欲しい機能があります。

選ぶ際に重視するポイントは人によって違うと思いますが、このヨガマットは高機能なので誰にでも当てはまりそうですよね。

  • 肌触りがサラサラしてる
  • 衛生面◎
  • 滑り止め加工
  • 撥水性◎
  • 素材の原料が2~3倍の価格=高級品
  • 丈夫で長持ち
  • 幅が80cmで広く使える
  • 14種類のカラーから選べる

もともとは6000円くらいする高級品なので、安いタイミングを狙っていきましょう。
Me-Meのヨガマット

セールやクーポン配布もやってるのでチェックしてみてください。
最大60%OFFセール

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク