【中学生向け】テニスラケットの選び方とおすすめラケット3選

中学生はどんなラケットを使えばいいの?

これまた難しい質問ですね。

中学生は短期的に一番成長する時期で、見た目通り体格は大きく変化していきます。

これに合わせてラケットをチョイスするのはなかなか至難の業です。

ということで、中学生でも安心してラケット選びができるようにチョイスしました。

この記事を読めば、

  • 中学生になった時に使うラケット
  • なにを基準に選んだらいいか

というのがわかるようになります。

  • これから中学生になるという方
  • 高校からテニスを始めようと中学生のうちから準備する方

は、ぜひ最後まで読んでいただきたいと思います。

【中学生向け】テニスラケットの選び方

中学生になるとラケットのサイズはいよいよ大人と同じです。

一般の大会にも参加できる年齢ということで、大人と同じくくりというわけですね。

しかし、いくら大人と同じと言ってもまだまだ体は出来上がっていません。

気をつけなければケガに繋がったり、上達の妨げになってしまう可能性は十分に考えられます。

筋力が徐々についてきて、身長も伸びて、いろんな技術が身につきやすい大切な時期なので、ラケット選びは慎重に選びたいですね。

中学生のラケット選びで気を付けたいことは、ウエイトです。

大人用のラケットと同じでも、軽いラケットは幅広くラインナップされています。

目安として270~280gがいいですね。それ以上だと中学生には少し重いかなという印象です。

では、次におすすめのラケットを紹介したいと思います。

【中学生向け】おすすめラケット3選

バボラ ピュアドライブ ライト

ピュアドライブは使いやすさと人気度の高さでユーザーが多いですね。

ライトモデルは270gなので、中学生にも扱えます。

それに反発力も強いモデルなので、中学生の足りない筋力を補ってくれると思います。

迷ったらこのラケットにしておけば、あとで「失敗した~」ということもなくなるでしょう。

大人でも使ってる人は多くいるため、そのまま重いモデルにチェンジすることも簡単になります。

ヨネックス ブイコア100L

ブイコア100Lはウエイト280gです。女子には少し重いかな?という印象です。

ブイコアも反発力が強めのラケットなので、力がなくても楽にボールを飛ばすことができます。

スピンで攻めていく方には、このモデルがおすすめです。

ウィルソン ウルトラ100L

ウルトラ100Lのウエイトは280gです。

このモデルはのいいところは、フェイス面積100inch以上のスイートスポットがあり、衝撃に負けない面の安定性があるから、手首やひじへの負担が少ないことです。

まだ筋力が未熟な中学生にとって、衝撃が少なくて済むのはありがたいですね。

筋肉が発達してないと関節には大きなダメージになるので、ラケットで対策をとるのもアリかなと思います。

まとめ

中学生のテニスラケットの選び方はわかっていただけましたか?

体、筋肉が発達している時期で、関節に無理をかけないためにも軽いモデルのラケットを選びましょう。

自分に無理のないラケット選びをすることで技術はどんどん身についていきます。

ラケット選びに苦戦している方は、上記でおすすめしたモデルから選んでみてください。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク