手だけで打つな!足の運びで打て!

なんて言われたことがありませんか?

クラブなんかだと、よくコーチが言っていると思います。

ちなみに私も言います!笑

足の運び、つまり踏み込んで打てればいいわけなんですが、ストロークのようにはいかないのがボレー。

そこで、簡単に踏み込めるようになる方法として、歩きながらやってみることをおすすめしたいので、その理由を説明します。

スポンサーリンク

ボレーは足で打たなければコントロールできない

ボレーは面だけ合わせれば打てるでしょ!って思っている人も多いでしょう。

それでも実際打てますし、難しいボールがきたら合わせるだけ、初心者にもおすすめするのが面を作るだけのボレー。

ですが、レベルアップしたいなら合わせるだけではダメで、なにかプラスの要素が必要なんです!

なにをプラスしたいかっていうと足。

理由は、体重移動ほど大きなパワーがでるものはないですからね。

もう1つ理由があって、手でなにか付け足すと、打点がズレやすくなるため、もしかしたらミスヒットを起こすかもしれません。

そう考えるとラケットがブレてはいけないから、手は選択肢から外れて、足ってなるんです。

ほんとにチャンスだったら手を付け加えてもいいですが、それでも足はちゃんと使います。

どんなボールだって足は必ず使うということを覚えておいてください。

スポンサーリンク



踏み込めないなら歩いてボレーを打とう

踏み込んで打て!と言われても、ボレーは感覚がとても大切なショットなので、ついつい固く構えてしまうんですよね。

初心者はもちろんですが、ボレーに苦手意識があると特に。

自信を持って踏み込めれば体重をぶつけられるため、絶対に力負けしないんですけどね。

どうしたら踏み込めるようになるかって解決法に、歩きながら打つことを提案します。

ほんとに踏み込むのと同じタイミングで足を出すだけで、やることは普通のボレーと同じです。

ここで身につけるのは踏み込めるタイミングを見極めること。

足がごちゃごちゃになるから難しくなるだけで、ゆっくり身につければ簡単に足が出るようになります!

私も足がうまくいってない時はやっています。

タイミングとクセがすべてなので、とてもいい練習ですよー。

踏み込むスピードは徐々に速くなっていく

踏み込めない人の共通点は、踏み込む時間がないことです。

反応速度が速くなれば踏み込む時間は十分にあるんですけどね。苦手意識が邪魔をしてしまいます。

でもね。歩いて打てるボレーを続けているとクセになってくるため、踏み込める時間を作ることができます。

そして、踏み込めるようになると、ボールに対して的確なポジションにフットワークが動くため、制度も上がってくるんですよね。

そのためにもまずは踏み込めるという成功体験を実感することが重要なので、歩くことから始めるのは近道でもあります。

まとめ

歩きながら打てば踏み込んでボレーが打てる!の説明でした。

これをやると足からでるボレーが打てるようになりますし、そんなに難しい技術じゃないので、ぜひやってみてください。

関連記事:ボレーでラケットが弾かれる原因を解決できる1つのポイント

スポンサーリンク

よく読まれる記事