「反応はできるのにラケットの準備が間に合わない・・・」

こんな悩みを持った方に向けて書いています。

ボレーができない方って、ついついフォームばかりを気にしがち。

ですが実際に大事なのは、ボールに反応する目だったり、打点に素早くラケットをセットすることです。

それでは、ラケットセットを早くできる構え方について紹介していきます。

スポンサーリンク

ラケットは体の中心に置く

すぐにラケットが出せない方の共通点は、ラケットをいつでもだせるように準備していないことです。

例えば、ラケットがぶらぶらしていたり、左手でラケットを支えていなかったり。

これだけでラケットを持っている手が安定するので、ラケットを出す速度が早くなります。

もう1つ大事なのが、ラケットを持っている位置。

あなたはボレーの構えの時に、ラケットをどこに準備していますか?

体の中心に置いてあればオッケーです!

なぜ体の中心がいいかというと、どの位置にボールがきても距離が同じになるので、全てのボールに対して均等に反応することができます。

中にはバックが苦手だからと、バックよりに構えている方もいますが、それはその場しのぎだけにしといて、体の中心にセットしてください。

やっぱりフォア側の反応も遅れてしまいますし、いつになってもバックが成長しないので、間に合わなかったら両手でバックボレーしてもいいので、どこの打点も均等になるようにセットしましょう。

胸を張って肩の力を抜く

どこの打点にも均等になるように、体の中心で構えることはわかりました。

どの打点でも打てるけど、1つ大事なことを忘れていますよね?

それはボディです!

ボディって体に近すぎて、なかなか打ちづらいボレーになると思います。

これも構え方にコツがあって、胸を張って肩の力を抜くことです。

力が入っている時は筋肉が緊張しているので、反応が遅れてしまう可能性があるんですね。

とくにボディは返しづらいので、よけいに。

さらにボレーが苦手だと感じている方のほとんどが肩に力が入った構え方をしているので、注意したいところです。

力が入ってる時は肩が少し上がっているので、友達同士やクラブの仲間同士で確認しあいながらできるといいですね。

体を横に向けている時間はない

ボレーの基本は横向きの状態を作って、そこからインパクトするのですが、横向きを作る必要はありません。

横向きを作ると力負けしづらいとか、打点を一定にしやすいとかいうメリットがあります。

でもボレーの反応は横向きを作ってると間に合わないことが多いんですよね。

時間がある時はパワーを溜めるとかすればいいと思いますが、早い反応の時には正面、あるいは斜め前を向いていれば十分なので、素早くセットするときには横向きを省きましょう。

まとめ

ボレーは構えの形がセットの早さにつながることをわかっていただけましたか?

セットの早さは安定にもかかわってくるし、早くセットできれば打つコースも考えることができるので、フォームだけでなく構える形にも気をつけていきましょう。

関連記事⇒ボレーで反応できない!?その悩み壁打ちで解決!!

スポンサーリンク

よく読まれる記事