ボレーにいってプレッシャーをかけてるつもりなのに、なぜかポイントが取れないんだよな・・・

こんなことってありませんか?

もしかしたらプレッシャーとかの問題ではなく、ボレーの質に問題があるかもしれません。

ポイントを楽して取るにはどうしたらいいのか、ずっと考えた結果、私が意識していることをまとめました。

スポンサーリンク

ネットすれすれだとチャンスがきやすい

ポイントが取れないのは、冒頭でボレーの質に問題があるといいましたが、ボレーが浮いたりしていませんか?

浮いたとしても、深く入ってるなら十分ポイントをでることができます。

しかし、浅ければ高い打点から打ち込まれるし距離が近いしで、相手がしたいようにできてしまいますよね。

これではプレッシャーをかけようと思って前に行ったとしても、むしろ相手が喜ぶだけです。

じゃあどうすればいいかっていうと、浅くて深くてもいいから、とにかくネットすれすれで返球するように心がける。

ネットをすれすれで通過したボレーは、弾んだとしても相手の腰まででしょう。

だいたいは膝高さで打ち返さなくてはならないので、返球の難易度はかなり高くなります。

低い打点から持ち上げるのは難しいのでロブの可能性が低くなり、より前に詰めて待つことができます。

パッシングショットだとしても低い打点からの速球はほぼありえないし、反応しきれないほどのスピードだったらアウトでしょう。

ほとんどの場合はスピンで打ってくるので、こちらが圧倒的に有利になります。

ファーストボレーはネットすれすれで返球して、はじめて有利なものになるってことを覚えておいてください。

スポンサーリンク



相手の攻撃を受けにくい

先ほど説明したように、ストロークでの攻撃を受けることが少なくなります。

攻撃にはもう1つあって、ボレーです!

浮いたボレーはポーチされる可能性が高くなってくるんですね。

レベルが上がれば上がるほどに。

ネットすれすれで返球できた場合、かりにポーチに出てきたとしても、攻めのボレーはできないので、相手が陣形を崩すことにかもしれません。

そのため、相手に攻撃されないためには、相手が難しいことをしなくてはならない状況を作り出すことが大切なんです。

まとめ

ファーストボレーからポイント率を上げる方法として、ネットすれすれを狙うことの強さの説明でした。

私自身、これを意識してからはほぼチャンスボールしかこなくなったので、ダブルスがすごく楽になりました!

要するに、「低い打点で打たせることができれば、どこに打っても致命傷にはならないよ!」ってこと。一言で結論を言うならね(笑)

これはやってみなければ実感できないので、ネットすれすれを心がけて取り組んでみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事