うまく体重が増えなくて悩んでいる人に試してほしいこと

「もう少し体重があったらパフォーマンスがあがりそう!」

そう考えたことってありますよね。

トレーニングをめちゃくちゃ頑張って筋肉がついた⇒結果的に体重を増やすことができた

これは多くの人がイメージしていることであり、実際に筋肉が増えれば体重は増えるしパフォーマンスは良くなります。

スポーツをしている中で、体重が増えなくて悩んでいるケースは少なくありません。ぼぶも悩んだ時期がありました。

体重はやり方次第では簡単に増やすことができるので、増えなくて悩んでたら試してみてください。

体重が増えない原因はたんぱく質不足がほとんど

体重が増えない理由として1番に考えてほしいのがたんぱく質です。炭水化物でも可能ですが、ここではたんぱく質をメインに考えていきます。

食事だけで摂れるたんぱく質を見て見るとメニューにより違いはありますが、たんぱく質の量が足りないことに気づきます。

栄養価に関しては、グリコの栄養成分ナビゲーターにて計算することができるので試してみてください。

たんぱく質の必要量に関しては筋肉量や体格によっても異なりますが、目安として運動しているなら『体重×1.5~2g』の量を摂るのがいいですね。

一般の人では体重1kgあたり1g程度と言われているので、2倍近くの栄養を摂取しないといけないということです。

少し本題からそれてしまったので、たんぱく質が不足している理由について説明します。

たんぱく質が不足している理由

結論から言いますと、「うまい!安い!」と思って食べているほとんどの食品が炭水化物or資質がメインだからです。

たんぱく質を豊富に含む食品を普段どれだけ食べることができているでしょうか。

  • 肉類
  • 乳製品
  • 豆類

細かく言えばもっといろんな食品があると思いますが、まあ有名なのが上記のような食品です。

毎食欠かさず食べることができていますか?

上記の食品をメインにおかずを作るとしても、実はたんぱく質は大きく不足しています。

この図を参考にしてみましょう。


引用:meiji

  • 牛乳・・・6.6g
  • たまご・・・6.3g
  • 牛リブロースステーキ・・・20.4g
  • さんま(焼き)・・・17.4g
  • ごはん・・・3.5g
  • 納豆・・・6.6g
  • 食パン(6枚切り)・・・5.6g
  • じゃがいも(蒸)・・・1.4g

運動している60キロの男性を例にとると、1日120gのたんぱく質が必要になるわけです。

1食40gのたんぱく質を毎食摂り続けるのが、難しいことだとわかっていただけたかと思います。

しかも、この高タンパク質の食材には脂質という、摂りすぎると脂肪になってしまう栄養も多く含まれているため、ただ食べればいいというわけでもないありません。

不要なものを避けて増量するにはサプリメントを活かすべし

先ほどはたんぱく質は摂るべきだけど、脂質には気をつけなければいけないと話しました。

やはりこれを解決してくれるのが、プロテインを含めたサプリメント達だと思います。

プロテインには脂質がほとんど入っていません。食材のものより大幅にカットされています。

残念なことにテニスに必要な炭水化物も大幅にカットされています。

もし、プロテインを活用しているのに体重が増えない、痩せていく、という場合には、炭水化物も多めに入れていきましょう。

私の場合には、プロテインに炭水化物を入れて、増量していきました。

詳しくはこちらの記事をみてください。
2ヶ月で体重+10キロの体験談!!フィジカル強化の参考にどうぞ

プロテインにも炭水化物が多く入ってるものも多くあります。

体を大きくするだけを目的にするのであれば、こちらの商品が有名です。

見たことありますかね?

ヘビーウェイトゲイナー」というプロテインです。

「体重 増やす プロテイン」なんかで検索すると、引っかかると思います。

1回の飲む量がえげつないですが、スタバのチョコ味を飲んでいる感覚で飲めました。

甘いのが得意な方には、ぜひ増量にするときのパートナーとして役立ててほしいです。

サラッと飲みたい方はウィダーが出してるこちらの商品がおすすめです。

錦織選手がウィダーと契約していることもあって、知っている方も多いかもしれません。

リカバリーパワープロテインは炭水化物が多いだけじゃなくて、リカバリーにも優れています。

パッケージにも書いてあるように、たんぱく質と炭水化物の分量が疲労回復にぴったりな黄金比になっています。

ヘビーウェイトゲイナーよりもサッパリしていて、続けやすいと思います。

炭水化物が多いと少しドロッとしたような飲み心地にはなりますが、味はチョコ、ココア系だからハズレはないですね。

まとめ

増量するには、たんぱく質と炭水化物をメインに栄養成分を見ていきましょう。

食事だけで頑張ろうとすると、脂質を摂りすぎて、単に太ってしまう場合があるので注意が必要です。

プロテインを利用して必要な栄養だけを補っていくと、ストレスなく栄養を摂取できます。

プロテインは炭水化物が多めの商品を選ぶように心がけてください。

思っているよりも増量の手助けになるはずです。

増量初心者の方は、今回紹介したプロテインを使ってみてください。
ヘビーウェイトゲイナー
リカバリーパワープロテイン

スポンサーリンク