「角度をつけようとすると安定感がない」「ラケットが弾かれてボールがどこに飛ぶかわからない」

そんな方に向けて書いています。

アングルボレーって本来なら、距離が短いところに落とすので、難しいショットではないんです。

ただ、ネットに近いところに落とす必要があるため、ネットが気になってしまうのは仕方がありませんね。

そんなこんなでアングルボレーが安定しない!って方が結構いるので、成功率UPの秘訣を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ラケットは引かないが大前提

まずはじめに、原則としてラケットは引かないでください。

これはボレーなら普通のことですが、まだまだできてない方は多いようですね。

アングルを狙うなら、この意識はもっと大切です。

なぜかっていうと、アングルって狙うコースが狭すぎるんですね。

ネットが近いということもあり、少しでもラケットを引いたら間違いなく打点がズレてしまい、狙い通りになんて打てません。

よっぽどのチャンスボールだったらアングルに打ち込むこともできますが、チャンスボールがきたら技ありショットよりも真っ向から決めにいった方がリスクは少ないです。

このような理由もあり、ラケットは絶対に引かないでください。

手首は動かさない

アングルボレーのような、小技というかトリッキーなショットって、簡単に言えば小細工のようなものですよね?

小細工っていうと、手首だけで打ってみたり、手首をこねたりしてしまうんです。

あなたは無意識にこのようなことをやっていませんか?

ここで勘違いしてほしくないのが、アングルボレーこそ手首を使ったらダメってこと!

上でも説明しましたが、アングルを狙うのって、コースが狭すぎるんですね。

少しで打点がズレたらうまくいかないのに、自分から手首を使ってみたらどうでしょうか?

真ん中にすらあたるかわからないのに、力加減もあったもんじゃないですよね。

手首でボールの力を逃すと思われがちですが、それはプロのような感覚の優れた選手ができるのであって、基本は手首でコントロールしようとしてはいけません。

基本ができるようになって、アングルに打つ感覚が養えてくれば、自然と感覚で打てるようになるかもしれないので、まずは基本通りの手首を使わないで打つことから  始めましょう。

ラケットセットは体の前方

ボレー自体が体の前方にラケットをセットしますが、アングルボレーを打つときはそれよりも前の意識が大切です。

ボレーを打つ打点にラケットをセットしてみてください。

ラケット面は相手に向かってまっすぐに向いていると思います。

そこからさらに、手首は動かさないまま腕を前にしてみてください。

ラケット面が少し横を向いたでしょう。

その打点こそがアングルボレーが打てる正しい打点です!

打点が結構前だと思うんですが、それに合わせてラケットをセットするため、すごく前にセットしなければインパクトまでの距離ができてしまうんですね。

インパクトまで距離があるってことは、ラケットを引いているのと同じことで、約束の1つ目ができていないことになります。

そのため、アングルボレーを打つときには、いつものボレーよりも前にラケットをセットすることを覚えておいてください。

まとめ

いかがでしたか?

アングルボレーの成功率UPには3つの約束がありました。

これができれば、あなたもボレーで攻めることができるはずです。

シングルスなんかではかなり使えるボレーなので、シングルスに力を入れている方は、ぜひお試しあれ!

関連記事:ボレーの調子が悪いときにできる4つのこと

スポンサーリンク

よく読まれる記事