球種を変えることで、リズムと変化を変えることができるため、ストローク戦に強くなります。

スポンサーリンク

エッグボールとフラットの組み合わせ

この練習ではスピン過多なストロークは打っていません。

基本的には全部エッグボールのような速くて高弾道なスピン~フラット系で練習しています。

ポジションによって打ち分け

これ適当に打っているだけに見えるかもしれませんが、実は打つボールを選択しています。

  • エッグボール・・・しっかり構えられた時
  • フラット・・・ベースライン付近で打てた時
  • スピン・・・ポジションが後ろで構えられない時

これを徹底してストロークを打っていました。

この選択は、基本的には誰にでも当てはまると思うんですよ。

どんな相手とストロークをするときにも、基本はこの形を守っていれば主導権を渡すことはありません。

私の場合はこの3球種を使いつつ、さらにポジションとか打てるタイミングとかで時間を考えてスピン量とスピードを調節しています。

難しい方は、まずはチェンジofペースだけでも意識して、スピンとフラットの打ち分けくらいはできるようにしたいですね。

ストロークでは意識をもって練習

何でもいいので意識してストロークを打つことが大切です。

真ん中で打つんだったら、

  • 一定のリズムでできるようにする
  • ライジング気味に打つ
  • 2回続けて同じボールを打たない

何でもいいと思うんですよ。なにか1つ意識するだけで、考えながらプレーすることが当たり前になるし上達もします。

動画を撮って意識通りに練習できてるかチェックしてみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事