テニスの道具って高いイメージを持たれてる方多いですよね。

せっかく始めようとしているのに、ちょっと値段を見てやめてしまうというパターンは少なくありません。

でも実際にはピンからキリで、高くもなれば安くもなるので、詳しいことを説明していきます。

スポンサーリンク

全部揃えてもほかのスポーツと変わらない

テニスって高いイメージがついているんですけど、実際ほかのスポーツと大して変わらないんですよね。

【揃えるもの】

  • ラケット
  • シューズ
  • ガット
  • グリップ

対してないですよね。

あとはボール代やコート代、ウェアなど、細かいものになってきます。

上記の4つを足しても45000円くらいなので、他のスポーツと変わりませんよね。

もっと格安に済ませたい方は「テニスを始めるときに準備したい4つのアイテム」をご覧ください。

お金がかかるのは消耗品

正直テニスを始めようと準備するものはそんなに高くはありません。

しかし、テニスをやる上でお金がかかってくるのが消耗品です。

【お金がかかるもの】

  1. ガット代
  2. コート代
  3. ボール代
  4. グリップ代

といったところですね。

ガットは1回張り替えたらそれで終わりではなく、3ヵ月に1回くらいは張替えが必要です。

あとボールは週1週2くらいの頻度で交換が必要になります。グリップも。

コート代もバカにならなくて、1時間500円~とか、高いところでは1時間2000円とかしますからね。

それを考えると最初に準備するものの金額が安いことがわかると思います。

でもね、サークルとかクラブに入っちゃえば、ボール代とコート代の代わりに会費で済むので、そのへんは安く済むように考えましょう。

初心者は消耗品にお金がかからない

先ほどお金がかかる消耗品を説明しましたが、初心者~中級者まではそんなにお金はかかりません。

なぜかというと、ガットは切れないし、ボールも全然使うことができるからです。

これ上級者になると、ガットもボールも一瞬ですからね。

もちろんコート代は誰しも共通でかかるので仕方ありませんね。

グリップは人それぞれで、汚いのが嫌な人は頻繁に巻き替える必要があります。

上級者になると金額が一気に上がる

上級者ともなると、すべてにおいてお金がかかってきます。

まずはガット。

すごいスピンをかける、ハードヒットする人だと数時間でガットは切れます。

私ですら過去に1時間半で切れてしまうという時期がありました。⇒プロハリケーンツアーが1時間半で切れてしまった話

ガットは工賃含めて3500~かかってしまうので、まあ3日に1回切れても1ヵ月で10回。35000円以上は費用がかさみます。

それとガットが切れるのが早すぎると、ラケットも複数所持していないといけません。

ボールに関しても、newボールが2時間でボロボロになるので、毎回開けることになります。

毎月5万くらいは予算を立てておかないと厳しくなるでしょう。

私もテニスの知り合いは100人を超えていますが、数時間で切れるという人は、私含めても2~3人でしたので、そこまで心配する必要はないですね。

最初のうちは費用を気にしなくていい

何のスポーツでもそうですが、最初のうちは消耗品でも消耗具合はかわいいもんです。

もしかしたら何年後かにすごく消耗する時がくるかもしれませんが、それはその時に考えるようにしましょう。上手くなる保証も続けている保証もないですからね。。

もし消耗具合が半端なくなってきたら、ガットを節約するためにガット張り機を買うとか、切れにくいガットを選ぶとか、もっと効率的なプレースタイルに変更するとか、いろいろあるんで大丈夫ですよ。

年を取るごとにパワーはなくなるので、消耗しにくくなっていくとは思います(笑)

テニスを始めたいけど金銭面を気にしている方、実際あまり費用はかからないので、ぜひ始めてみてください。

テニスライフを一緒に楽しみましょう!!

スポンサーリンク

よく読まれる記事