ポーチというチャンスでアウトしてしまうことはないですか?

私はよく集中していない時にアウトしてしまうんですが、あなたもそんな経験があるんじゃないでしょうか。

ボレー強いながらも繊細なショットで、少しでも手元がずれてしまうだけでミスになるという弱点もあります。

そんなポーチボレーで、ミスしてしまう原因にはどんなことがあるのか1つ思ったことがあるので紹介します。

スポンサーリンク

決める意識が強すぎるのが原因

ポーチに出ることすら積極的なことで、かなりリスクがあることには間違いなく、相手にもプレッシャーはかかります。

駆け引きに勝った時には絶好のチャンスで、無駄にしたくない気持ちもあるせいか、無意識に力が入りすぎてしまうんですね。

必要以上にスイングしてみたり、ボレーでは絶対にやってはいけないのにやらかしてるんです。

私もとくに何も意識してなかったので、ミスする原因に気がつきませんでした。

これに気づけたのは、いつもと違う練習でもしてみようと思ったのがきっかけで、ポーチを決める練習をした時でした。

いつもよりも大きくスイングしていたんですね。

「決める」ってことが強く頭にあるから、強く打ちたくて仕方なかったんだと思います。

今思い返せば、強く打つことだけが決めるじゃないのに・・・

やっぱりポーチは「決める」って意識が強かったんでしょうね。

その練習のおかげで一発で解決することができたし、一緒に練習をしていたテニス仲間とも情報共有することができました!

決めるは「コントロールする」に置き換える

「決める」って聞くと強く打つって勘違いする人も少なくないと思いますが、ドロップショットだって「決める」って言えますよね?

決めるには、場面によって「コントロールする」って意味もあるんですよ。

ポーチだって飛び出した方向に素直にラケットを出せば、ミスは半減するし十分決められるボレーになります。

相手に反応される心配があるかもしれませんが、パスしない限りこの距離では難しいでしょう。

難なく返してくるなら相手がうまいだけです。自分はまったく悪くありません。

もし触られたとしても、次のボレーで決めることができたりするため、1発で決める必要もないんですよね。

足りないパワーは踏み込みで補う

ポーチは大きく踏み込むことによって、全体重をボールにぶつけるという1つの技という見方もできます。

パワーは全部足に任せるくらいのつもりでOKです。ラケットが動かない方が決まるコースに打ちやすいため。

どっちにしても、動こうとしている方向と逆を突かれた時点で、ほぼポイントは取れないです。

だからこそ発で決められるくらい踏み込んでいいと思います。その方が1歩の距離が出るので攻撃の幅が広がります。

1つ気つけるべき点は、踏み込む意識が強いすぎて相手にバレてしまうこと。

相手をよく見ている選手はポーチに出る動きさえも見ているので、あまり体が傾いてしまうとダメですね。

あくまでスプリットステップを利用したそのままの勢いを使って、ポーチに飛び出せるようにしましょう。

まとめ

ポーチは強く打つ意識になってしまいがちですが、決めるの意味さえ理解できれば次の練習から取り組めます。

まずは漠然とコントロールできるように意識して練習してみてください。

踏み込みに関しては簡単なボールに飛び込む練習をしてから、徐々に踏み込む距離を伸ばしたり、より瞬発的にポーチに出られる練習をしていきましょう。

関連記事:【攻撃力アップ】高い打点でボレーできるときに決定力を上げる方法

スポンサーリンク

よく読まれる記事