ラケットに長さの違いがあるって知っていました?

メーカーが違うとかじゃなくて、同じモデルでも長さよ違うラケットがあって、ちゃんと選べるんですよ!

長いラケットを選ぶことでどんなメリットがあるか、また注意すべき点はどんなことかまとめてみました。

スポンサーリンク

ラケットには長さの種類がある

ラケットの長さは共通して27inch。

基本的にはこれより短いものは存在しないが、長いものがある。

それが27.25inch、27.50inch、27.6inchなど、私が知っているのはこれくらい。

まだまだ種類があるのかもしれませんが、未確認なので発見しだい追記します。

※27inchしかないラケットもありますので、十分に確認してください。

この0.25inchがどれくらい違うのかというと6.35mm。1cmも変わらないんですね!

0.25inch=6.35mm

0.50inch=12.70mm

0.5inchでやっと1cm以上の差が出ました。

実際のところ長さはそんなに変わりませんが、スイングすると違います!

長いラケットのメリット

長さについては思ったほど変わりませんでした。一応ラケットの長さにも規定があるので、そんなには長くできないのでしょう。

メリットはなんといってもリーチが長くなるから遠心力が大きくなる!

たった1cmしか変わらないのに!?

いやいや、1cmって相当ですからね。ラケットのバランスって項目があるじゃないですか。

それ0.5cmきざみになってるんですけど、選ぶときには結構気になるポイントですよね。

それくらいラケットの1cmって大きな差なんですよ!

それでも納得できない人もいますが、実際に振ってみるとかなり違うんで、知り合いで長いの使ってる人がいたら借りてみてください。

注意点も見逃すな

注意点は2つ。

1つ目は、遠心力が大きくなった分パワーは出るが、振り遅れることもある。

27inchのラケットに比べたら、多少体幹がしっかりしていないと、振り回されてしまうから注意。

2つ目は、ラケットを買い替える時。27inchより長いものって種類が限られてるので、次に買おうとしたラケットにあるとは限らない。

したがって、27inchにしたときに遠心力のバランスが変わるため、力の入れるタイミングが変わりやすくなる。

長いラケットを選ぶ際の注意点はこれくらいだが、テニスを続ける以上大事なポイントであるのはたしかなので、考えてから選びたい。

まとめ

ラケットには通常の長さよりも長いモデルがある。

長いモデルはパワーが出やすく力負けしにくい、一方で振り遅れる危険性もある。

使ってみて損はないので、選ばなくともチャンスがあったら使ってみてください!

スポンサーリンク

よく読まれる記事