サーブが強い方が圧倒的に有利なのは、プロの試合を見ていればわかります。

トップ10ならほぼ実力は拮抗するはずなのに、サービスゲームだといとも簡単にキープするわけですからね。

このことから、サーブを強くしたいと思っている人が多いのも納得がいきます。

そこで、強烈なサーブを打つために、軽いラケットをおすすめします。

スポンサーリンク

軽いラケットだとサーブが強くなる!?

これは当たり前かもしれませんが、軽い方がスイングスピードが上がります。

結果的に、サーブスピードが速くなったり、回転量の多いサーブが打てたりするわけです。

なぜスイングスピードが上がるかっていうと、サーブに関してはラケットを持ち上げる動作があるので、持ち上げるには軽い方が楽ですよね?

余分なパワーを使わないからリラックスして打てるし、インパクトまでに十分ラケットヘッドを加速させることができるからなんです。

周りのサーブが強い人たちって、もしかしたら軽いラケット使ってるかも。

興味があったら聞いてみたらいいと思います。

サーブに伸びと重さを出したいけど軽くても平気?

サーブはストロークと違って、大きなエネルギーのぶつかり合いではないので、完全にスイングスピードがすべて。

しかし、重さを出したいならラケットが重い方が有利になります。

スイングスピードが同じという条件で、重いのと軽いのでは、明らかに重いラケットの方が大きなエネルギーを持ってますからね。

もし重いラケットでスイングスピードを速くできれば、来る場所わかっていても簡単には返せない、ただ速いだけのサーブよりも返すことが難しいサーブになるでしょう。

プロ並みのサーブが打てないなら安易に選ばない

いくら軽いラケットだとサーブが強くなるからといって、サーブだけ勝てるわけではありません。

レシーブゲームはどうしますか?

ストロークにおいてはラケットが重い方が有利になるので、プロ並みのサーブが打てないなら、軽いラケットは選んではいけません。

ただ極端に軽くなければ全然オッケーです!

たとえ300gなくても、ガットの重さと合わせて300gなら強いストロークも打つことができます。

目安としては、スイングスピードが遅くならない程度の重いラケットがベスト!

サーブに関しては筋力がとても大事ですからね。

重くしたければ筋トレとストレッチをするしかありません。

まとめ

サーブだけに関していえば、ラケットを軽くすれば強くなる!

アマチュアのレベルでは280gあれば十分な重さなので、パワー負けの心配はありません。

しかし、テニスはサーブだけじゃ勝つことはできないので、サーブとストロークが打ちやすいバランスのとれた重さを選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

よく読まれる記事