ボールとガットの接触面積について考えたことはありますか?

これはボールの質に大きく関わっていることなんですが、どんな人と話しても接触面積の言葉自体出てきません。

あまり考えている人がいないのでしょうね。

知らなくてもいいですが、知ったらストロークの質が1段階上がるかもしれないので、友達にレベルアップしたストロークを見せてあげてください!

スポンサーリンク

ボールとガットの接触面積って?

その名の通りなんですが、インパクトした時にボールとガットがぶつかりますよね?

インパクトでどれくらいの面積接触しているかって話です。

どうして質が変わるの?

ストロークで例えましょう。

「フレームでボールをクロスに打って!」と言われたら、

「はっ?そんなもん無理だろ!!」が正直な感想ですよね。

フレームでなんかコントロールできません。

その理由としては、ボールと当たっている面積が少ないから。

要はバットで打っているのと変わりません。

野球のバッティングで「ピンポイントのところに落下させて」と言われても、やったことないし無理でしょう。

やる必要もないし、コントロールだけをみたらの話です。

接触面積が大きくなればなるほど、コントロールすることが簡単になるってわけなんですね。

あとは、ボールとの接触時間も長くなるため、スピンやスピードがレベルアップします。

接触面積を大きくするには?

接触面積を大きくするには、2つのやり方があります。

  1. スイングスピードを速くして、厚くとらえる
  2. ガットを緩めに張る

接触面積を大きくする方法って、ボールかガットかどちらかが変形すれば簡単にできます。

スイングスピードを速くすれば、より強くインパクトできるので、ボールを潰して接触面積が大きくなります。

ガットを緩く張れば、ガット自体が柔らかいので、ガットがトランポリンのように変形し、結果接触面積を大きくすることができます。

あなたはどちらを選びますか?

スイングスピードに自信があれば1でいいですが、ほとんどの方は2の方が簡単ですね。

両方やろうとは思わないで

1と2のどっちかを選ぶかについて、「両方じゃダメなの?」って意見もあるので、解答してきましょう。

スイングスピードが速く人が緩いガットにしてしまうと、反発力がなくなってしまい、パワーロスになるかもしれません。

どのくらいのスイングスピードとか細かいところまではわからないし、あなたのスイングスピードがどれくらいなのかもわかりませんが、決まった値はないんですね。

すべては自分で打った感触によるんです。

ガットを緩くしたらボールが飛ばなくなった!ということなら、あなたにとってそのテンションは緩すぎるということ。

パワーロスしています。

これは少しずつ試していくしかありませんが、飛ばなくなったところを限界の緩さと設定しましょう。

あなたのスイングスピードが変わればその都度変わります。

まとめ

ボールとガットの接触面積について、真剣に考えることはできましたか?

接触面積は接触時間にも関わっているので、両方セットで考えてあげると、もっとテニスに対して理解が深まるはずです!

この記事もおすすめです⇒『インパクトへの理解でショットの精度は上がる!詳しい説明と正確にインパクトできるコツ

スポンサーリンク

よく読まれる記事