「スマッシュの時は左手を伸ばして!」

とか教えられたことはありませんか?

左手でボールをキャッチするイメージを持つと打ちやすい!なんて。

ここでは、そんな左手の使い方について説明していきます。

スポンサーリンク

基本は左手を伸ばして準備

スマッシュの成功率をアップさせるためには、いかに正しい落下地点に入れるか。

正しい落下地点に入れれば、あとはボールにタイミングを合わせるだけだからです。

つまり落下地点に入れるかどうかで、スマッシュの成功率が大きく変わるということがわかりますよね。

そこで、正確な落下地点の目安にするのが左手です。

野球で例えたらわかりやすいと思いますが、フライをキャッチする時には左手を伸ばしますよね?

スマッシュの時も同じ感覚なので、初心者や苦手な人は積極的に左手を使ってください。

ときには左手でキャッチしてもいいです。

準備したポジションでキャッチできれば完璧ですね。

重要なのは左ひじの高さ

さきほどから左手を伸ばして、正確なポジションで準備しよう!って言っていますが、スマッシュでもっとも重要なのは左ひじの高さです。

初心者は左手を伸ばして準備すれば、仮の打点としていいんですけど、慣れてきた人は左を伸ばす必要はありません。

なぜ伸ばさなくていいのかというと、ほんとに大事なのは左ひじだから、左ひじが高くなればいいから。

左ひじが高くなれば、左肩が上がって右肩が下がるので、肩の入れ替えがスムーズになってスイングしやすくなります。

スマッシュで大事なのは落下地点なので、感覚でわかってしまえば、左手は伸ばす必要がないですよね?

落下地点がわかれば打点は感覚でしかないので、スイングに使えればそれでも十分です。

スムーズなスイングほど破壊力抜群のスマッシュになるし、打ち分けが簡単にできます。

もし落下地点がわかっているなら、左ひじの高さに意識してスマッシュを打ってみましょう。

まとめ

スマッシュで左手を伸ばすの本当の意味は、左ひじの位置を高くすることにありました。

あなたはできていますか?

まだスマッシュのポジションがわからない人は左手をしっかり伸ばして、スイングがスムーズにいかないなら左ひじを高くしてみてください。

左手をしっかり伸ばせば、どっちもクリアしているので、スマッシュは左ひじの高さが大事だと覚えておきましょう。

安定感を得るためにも、ひじは意識しつつ左手は伸ばして準備した方がいいです。その方がかっこよく見えますよ。

関連記事:【初級者向け】スマッシュの準備を2秒早くする方法!!

スポンサーリンク

よく読まれる記事