「チャンスボールてわかっているのに準備が間に合わない」

そんな事ってありませんか?

初心者、初級者の方には難しいかもしれませんね。

実際には準備さえ間に合えばスマッシュできるボールはたくさんあります。

ってことは準備が間に合えば今までものにできなかったポイントが自分のものになるということです。

ここではスマッシュに対する準備を2秒!早くする方法を紹介したいと思います。(最大で2秒です)

スポンサーリンク

スマッシュを構えるときはクロスステップを使う

スマッシュを打つポジションにできるだけ早く構えるには、クロスステップを使うと効率よく準備ができます。

当たり前と言うか、スマッシュの打点に入るためのフットワークでしょうか、クロスステップがスマッシュの時の正しいフットワークになります。

しかし現実には、クロスステップを使えていない方が本当に多く、スマッシュが打てればポイントが取れるだけあってもったいないそんなふうに思います。

これは私だけじゃなく、しっかりスマッシュが打てなくてポイントを逃してしまった瞬間にはすごく実感しているでしょう。

ミスする原因としては、打点に入る時に正面から突っ込んで打点に入ってしまうことにあります。

打点に入った時に正面を向いているので体をひねって横向きの対処を作りますよね。

確かにまっすぐ走った方が早い、そんな気はします。と言うか早いです。

しかしそれは短距離の話で、短距離走を思いっきり走った時にゴールでピタッと止まれますか?

絶対に勢いあまってバランスを崩しますよね。 それと同じことが起こります。

早く打点につけたとしても、バランスを崩してしまっては体勢を立て直すのに時間がかかるんですね。

体勢を立て直してから横向きを作るわけですから、当然時間がかかってしまいます。

そのため、間に合ったとしてもバランスの悪い状態でスマッシュを打ってるわけですから、ミスする確率も上ってしまうわけです。

残念なことに多くの方が、スマッシュに対してこのように構えています・・・

クロスステップを使えば、体は横向きになりながら打点に入れるので、打つ準備はできてるし、横向きだから止まりやすい、バランスを崩さない状態で構えることができるんですね。

結果的にダッシュが速かったとして、バランスを立て直す時間と体をひねる時間のロスを全て足すと、結果的に1~2秒違いがあるのです。

瞬発力が大切とされているテニスにおいて、1秒という時間はものすごく大事だしできることがたくさんあります。

特にスマッシュは決められるショットなだけあって、とても大事な時間ということがわかりますよね。

スポンサーリンク



動き出しでスプリットステップをすること

2つ目は、当たり前のことすぎるのですが、初級レベルだとできないケースも多いです。

結構ありがちなんですけど、攻めがうまくいってロブがくるとわかると無意識に体がサボりがちなんですよね。

サボってるかどうかは無意識なので、動画でも撮ってみるとわかりやすいです。

スプリットステップは次の動作を早くする+体の向きを変えるという2つの役割を持っているため、やるとやらないじゃ全然違います。

1つ目に説明しましたクロスステップのやりやすさも変わるため、スプリットステップは必須だと思っていてください。

ボールがゆっくりだからって、準備をゆっくりにしていいわけではなくて、落下地点にはなるべく早く入ることできればスマッシュ成功率が高くなります。

そのためにスプリットステップは必須。 ボールとのタイミングは足を細かく動かしてスイング体勢に入ればいいだけなので、ボールの落下地点にはできるだけ早くが鉄則です。

まとめ

スマッシュの準備を早くする方法としてクロスステップについて紹介しましたが、あなたはできていましたか?

スマッシュはコート内で打てる一番強いショットなだけあって一撃で決めたいですよね。

そのためには、早い準備をすること(スプリットステップ)が何よりも大切だと覚えておいてください。

関連記事:スマッシュで正確なインパクトと効率よくパワーを伝えるためにはグリップよりも打点を前にする

スポンサーリンク

よく読まれる記事