スピンの良いところってたくさんあります。

  • ボールが重くなる
  • タイミングを外せる
  • 肩より高いところで打たせられる

などなど、メリットがたくさんあることから、スピンプレーヤーを目指す人は多くいます。

ただ、スピンプレーヤーに目指すにあたって、誤解というか間違えがあるので、強いスピンプレーヤーになるための解説をします。

スポンサーリンク

スピンプレーヤーになるにあたっての誤解

過剰なスピン量は弱い

過剰なスピン量はまじでストローク戦に弱いです。ここが1番勘違いされがちかもしれませんね。

スピンをかけまくってる人がいますが、実は過剰なスピンはすごく弱いです。

スピン量が多すぎるとボールの威力が落ちるってのはもちろんなんですけど、それ以上にボールのスピードが弱点なんですよね。

重いボールも軽いボールも結局はスピードが大事で、何が目安かというと「相手に時間を与えない程度」です。

過剰なスピンは弾むものの、弾んだからといって対処できないボールではないんですよね。

中級レベルくらいまでなら、それでも十分通用すると思いますが、高い打点も苦にしないで打ってくる選手には厳しいです。

ナダルを見てると、スピン量はすごいんですけど、スピードもかなり出てるんですよね。

スピン量も大切なんですけど、スピードもある程度はないとチャンスボールを強打されるのと同じなので、かけすぎてスピードが遅くなりすぎるのには注意しましょう。

フィジカルがものを言う

スピンで戦っていくと覚悟すると、体力とフィジカルが必要になります。

なぜかというとスピンプレーヤーはラリーが長く続きがちなので、試合時間は長くなることが予想されます。

そしてスピンをかけるには下から上に振り上げていかなくてはいけないため、筋力の消耗が1番あるスイングの仕方なんですよね。

そのため、試合の後半になるにつれてスピン量が減っていく可能性が高いです。後半スピン量が減っていませんか?

これを考えるとスピン量は無理して増やす必要がないんですよね。メリットもあまりなしですし。

スピン量で戦いたいなら体力、筋力も必要だということも覚えておきましょう。

展開力も必要になる

スピンを多く使う人の特徴って、相手のバック側に集める傾向があるんですよね。

その他にも、ただ軌道を高くしてラリーをするといった単調な攻撃になりがちです。

ここもスピンプレーヤーを目指すうえでは、ミスしやすいというか頭でっかちになっちゃう部分です。

スピンはスピードが出しにくいショットなので、単調になると攻撃されやすいといったデメリットを持ち合わせています。

相手を前後左右に動かすといった戦術は、スピンプレーヤーこそ必要な能力です。

スポンサーリンク



強いスピンプレーヤーになる方法

スピン,クレー

スピンをかけることに執着しすぎない

スピンプレーヤーと言ったら、スピンをたくさんかけたプレーをイメージすると思います。

ただ、スピンをかけることだけに集中することはNGです。

やっぱりチャンスがあればどんどんスピードショットを打つべきですよね。試合に勝つことを考えるならですけど。

スピンを打つことを楽しむだけなら、スピン量を増やして遊んでもいいですね。自由です。

スピンだけとか相手に読まれやすくなるだけだし、わざわざ試合時間を長くする意味はないですからね。

どうせスピンにこだわるなら、スピードもあるエッグボールを習得することおすすめします。

関連記事:【エッグボールの打ち方を3つのポイントで解説】エッグボールの疑問についても解答!

圧倒的な体力をつける

体力も自慢できるレベルじゃなくて、1日10セットくらいこなせるほど圧倒的な体力をつけるといいです。

実際にそんなやることはありえませんが、それくらいあれば体力に心配はないですからね。

それに体力があれば練習量を多くしてもヘロヘロになりませんから、スピンを連発しても疲れない体を作ることができます。

筋トレとかで強化する方法もありますが、テニスで鍛えた方がより専用の体になるため、なるべくテニスだけで鍛えることがおすすめです。

体力トレーニングが満足にできていれば、ナダルのように常にフルスイングで練習ができますよね。

練習でこれがクセになれば試合でも同じようにやるだけなので、しっかりスイングするためにも体力をつけることが最優先です。

スライスを多用する

スピンを1番いかせるのってスライスで、スライスこそスピンの威力が倍増させるショットになります。

スピンを多用する人に多いのは、スライスを戦術的に安定して使えてないことです。

相手に膝より下で打たせられれば、スピンとの落差が大きくなってやりづらいんですよね。

スピンの攻撃力アップのためにもスライスは絶対に必要です。

その逆もしかり、跳ねるボールの返球をしていたことで、スライスもより低く感じるはず。

結果的にどちらにもメリットがあるんですよね。

【まとめ】スピンは効果的に使えなきゃ弱い

スピンは効果的に使えなかったら弱いです。

なんでもそうですがワンパターン化は相手によっても、タイミングが取りやすくなるだけなので、効果的に使うことが重要です。

とくにスピンは試合中に使える場面は多く、スピンメインで攻める方は偏ってしまいがち。

結局は、その展開に合わせる、相手のタイミングを外すということが重要になるため、スピンは手段でしかありません。

スピンプレーヤー=強いというのは誤解なので、

  • 過剰なスピンは弱い
  • フィジカルがものを言う
  • 展開力も必要になる

この辺も意識したうえで、スピンプレーヤーを目指していきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事