フォアハンドでは簡単にスピンをかけることができるのに、バックハンドだとうまくいってない人が多くいます。

特に両手で打つバックハンドは、他のショットよりも自由度が低いことが原因の1つです。

今回は、両手バックハンドでトップスピンが打てる方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トップスピンが打ちづらい理由

同じバックハンドでも、片手に比べると両手で持っているぶん窮屈なスイングになり、スイング軌道が短くなるため、トップスピンの難易度が高いです。

プロでもトップスピンを使っている選手は多くありません。

トップスピンの代表的な選手はナダルでしょう。フォアハンドはもちろん、バックハンドからも強烈にトップスピンをかけています。

ナダルが世界のトップに居続ける理由の1つにバックハンドの攻撃力があります。

他の選手がスピンがかかっていないわけではありません。一般のプレーヤーからしてみれば、はるかに回転量が多いことは覚えておきましょう。

では、どのようにしたら両手バックハンドでもトップスピンが打てるのか説明していきます。

スポンサーリンク



体を回転させてスイング

あなたは腕だけのスイングになっていませんか?

スイング距離の短い両手バックハンドは腕だけのスイングになると、トップスピンをかけるための十分なスイングスピードを出せません。

両手バックハンドは両手でグリップを持っていますが、左手のフォアハンドとも言えます。

そのため、フォアハンドと同じように回転運動を使ってスイング距離を伸ばしましょう。

体の回転に腕がついてくるようにスイングすれば、自然とスムーズな振り抜きができます。

軽くスイングしてみてください。自然と腕が回りませんか?

スムーズにスイングするには欠かせない動作なので、まずはこの回転運動ができるようにしたいですね。

左ひじを支点にスイング

フォアハンドと同じようにスイングしたいのですが、加速させるためのスイング距離がありません。

また、右手が添えられているため左手を自由に動かすことができずフォアハンドのようにはいきません。

バックハンドで力が入らないあなたは、インパクトでひじが伸びていませんか?

ひじが伸びた状態ではスイングがしやすいと思いますが、スイング距離が短くなるので、鋭く振り抜けません。

そこでポイントとなるのがひじを支点にスイングすること。

ひじを支点にすると、ひじから先が加速してスイングスピードが速くなるので、スピンをかけやすくなります。

左ひじを体に寄せるとパワーが出る

ボールをうまくコントロールできない人は、左ひじが体から離れすぎていませんか?

ひじが体から離れると、ワキが締まらないので、パワーが伝わらず負けてしまうのです。

フォアハンドでもそうですが、人間はワキを締めた方が力が出しやすいためエネルギーを余すことなく伝えることができます。

スポンサーリンク



手首の使い方

左手の使い方

フォアハンドのように前にスイングしながら体に巻きつけるようにして振り抜いていきます。

手のひらでボールを押し出すようなイメージで打ちましょう。

右手の使い方

右手はスピンをかける専用でスイングすること。

左手が前にスイングするのに対して、右手は縦に手首を使います。

右手首を立てることでトップスピンをかけやすいスイングができます。

1番大事なのは右足のキックアップ

両手バックハンドは力負けしにくいので、強くフラットショットを打つには最適ですが、トップスピンは簡単ではありません。

そこで大切なのが足のパワーを使うこと。

踏み込んだ足をインパクトに向けて伸ばしていけば、回転をしっかりかけられるのでトップスピンになります。

あなたは上半身のスイングだけで打とうとしていませんか?

両手バックハンドはスイングだけでトップスピンを打つにはエネルギーが足りません。

トップスピンに必要なのは下半身のパワー。足のパワーを積極的に使い、ボールに伝えていきましょう。

まとめ

両手バックハンドでは、トップスピンは難しいです。

足を使わずに打つのはほとんど無理だと思ってください。

トップスピンは武器になるので、いつでも打てるようにしたいですね。

スポンサーリンク

よく読まれる記事