ショットが安定しない時って、だいたいが体がブレた時ですよね。

でも、そうとも限らないことが最近判明しました!

ここでは、私のことを基準に書いていきますが、よければ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

ショットが安定しないと体がブレてるはホント?

ミスした時ってのはだいたい体がブレてしまった時で、よく指摘されることはありませんか?

体がブレたらミスしやすいのは当然なんです。

土台がしっかりしていないのに、スイングを安定させることなんてできませんからね。

10mダッシュした時に急停止するのって難しくないですか?

勢いに負けて体が流れてるから、もしその状態でボールを打っても安定するわけがないんです。

だから、体がブレてる状態では、ショットが安定しないのはホントでした。

必ずしも体のブレと安定性は比例しない

体がブレたらショットは安定するってのが普通ですが、安定する場合もあります。

私の話になってすみません。

私はよく、「体がブレてるのに安定したストローク打つよね。バランス感覚がいいのかな?」って言われます。

褒められてるのか、けなされてるのかわかりませんが、なんでだろうと思っていたら、どうやら頭はブレていないみたいなんですね。

ボールに近づきすぎたり、遠くなった時って、必ずバランスが崩れます。

その時に私は、スイングしやすくするために、体を崩してハードヒットできる距離を保ってるのを自己分析しました。

これは動画を撮っていたので、判明したことなんですが、体がブレても頭、目線がブレなければ通常通りのスイングをすることができ、安定したストロークを打つことが可能って実証されました!

>>体幹がブレやすい人必見!テニスの練習以外で楽して体幹力を鍛える

最初から正しいポジションに準備することができれば、このようなことにはならないんですけどね・・・

もちろん、しっかり打てた時の方がストロークの威力はでます。

やっぱり体がブレている分、威力が落ちるのは避けられません。

もしかして、手打ちになってるのかな?

ここでは安定するかしないかの話だし、安定すれば崩れてもそこでポイントは取られないわけですから、次の1本を打たせることができます。

これも1つの技術なんでしょうが、シコラーはとにかく返すのが得意だから、面を作ることに関してはプロでしょうね!

>>手打ちでもいい場合とその理由

まとめ

体がブレるとショットは安定するか?しないか?についての説明でした。

ブレたら安定しないのが普通。ですが、目線さえブレなければボールをしっかりとらえることができる!

全てのボールに対して良いバランスで打つことはできないので、目線をブラさないように意識してやってみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事