あなたは厚い当たりでフォアハンドストロークを打つことができますか?

厚い当たりができるとボールの威力が上がり、それほど速いショットじゃなくても反撃されにくくなります。

「あの人のボールは重い」などと表現することがあるでしょう。

ボールの質量は同じなのに。

今回は、威力抜群のフォアハンドストロークを打つために、厚い当たりの打ち方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

厚い当たりのメリット

  • コントロールしやすくなる
  • ボールの球威に負けない
  • パワーのあるショットになる
  • 生きたトップスピンになる

主なメリットはこんな感じでしょう。

薄い当たりのメリットは以下の記事をご覧ください。

>>厚い当たりと薄い当たりの違いを理解しよう

他にもケガをしにくいといったメリットもありますが、今回は打球に対してのメリットに焦点をおいて説明していきます。

厚い当たりの打ち方

右足から左足の体重移動を使う

フォアハンドストロークでは体の回転を使ってボールにパワーを伝えるのが主流です。

しかし、厚いインパクトをするには、体の回転運動だけではなく体重移動も使うことが大切です。

体重移動と回転運動を、ダブルでやるのはタイミングが合わせづらいですが、より重いボールにするには必要なんですね、、、

体重移動を使うことで、うまく連動させれば、体の回転がよりスムーズになります。

スイングの動き出しが良くなれば、それだけスイングスピードが上がり厚くインパクトできます。

この時、スタンスの広さに注意してください。

スタンスが広いことで体はバランスを取りやすくなりますが、広すぎてしまうと体重移動はやりやすいですが、回転運動がしにくくなります。

スタンスの広さは肩幅の1.5倍くらいを目安にしましょう。

打ちたい方向に腕を出していく

厚い当たりのフォアハンドを打つには、打ちたい方向に向けてフォロースルーをしていくことが大切です。

スピンをかける時にも、ラケットを下から上にスイングしていきますが、インパクト後にボール2個分、10cm程度前に押し出すイメージを持つことが大切です。

この時に注意が必要で、打点を前にしすぎると、それ以上前に押し出さなくなるので、厚いインパクトができません。

インパクトの後にすぐひじをたたんでしまう打ち方では、ボールを厚く当てることは不可能でしょう。

かすれたようなスピンになっている人はフォロースルーが小さくなっている可能性があります。

フォロースルーを頭の上に振り上げるようなスイングでも、厚い当たりをすることはできません。

プロの選手はひじをたたんでいるように見えますが、実はインパクトの後は前に打っています。

スイングスピードが速いため、目視による確認は難しいですが、しっかり打ちたい方向にラケットを出しています。

ナダルのフォアハンドはフォロースルーでラケットを振り上げることで有名ですが、構えて打つよりも威力は下がってしまいます。

また、ナダルは筋肉があるから、フォロースルーで振り上げても、しっかりスピンのかかったショットが打てるんですね。

インパクトは地面と垂直にする

厚い当たりとは、ボールに対して大きなパワーをぶつけるという意味です。

大きなパワーをぶつけるためには、どのようにインパクトしたらいいでしょう?

答えは、打ちたい方向にまっすぐ面を向けることです。理想は地面に対して垂直に当てること。

インパクト面がまっすぐだと、パワーを余すことなくボールにぶつけていくことができます。

一方で、面が下を向いていると、まっすぐにパワーを伝えることができず、ボールは下に飛んでしまいます。

なので、下に飛ばないようにラケットを下から上に振っていきます。

これだと、持ち上げる動作が強すぎて、パワーを伝えきることができません。

また、スピンをかける意識が強くて、手首をこねるように打ってしまうと、インパクトでラケット面が下を向いてしまいます。

これでは、厚い当たりができないだけでなく、不安定なショットになるでしょう。

>>インパクトを理解してショットの精度を上げよう!!

ネットの1m上を狙って打つ

厚い当たりができると、自分が思っている以上にスピンがかかります。

ラリー中にボールが上に飛んでしまったのに、入っているなんてことはありませんか?

その時は厚く当てることに成功しているんですね。

なので、ネットの低いところを狙ってミスするよりは、高いところを狙った方が安定します。

また、高い軌道から急降下したボールは、その勢いのまま跳ね上がるので、相手に反撃されにくいボールになります。

プロがミスしないのは、ネットの高いところを通しているから。速いショットに見えますが、安定感のあるショットを選択しているのです。

>>急降下するエッグボールの打ち方はこちら

まとめ

ネットの高いところを通過しているのが、わかると思います。

これだけ高く打っているけれど、ボールはしっかり落ちています。

厚い当たりは素晴らしいですね。

厚い当たりで打つには、

  • 打ちたい方向に腕を出していく
  • インパクトは地面と垂直にする
  • ネットの1m上を狙って打つ

厚い当たりができるようになるだけで、多くのメリットがあります。

攻撃力が数段あがり、展開に幅をだせるようになったり、いいことばかりです。

しかし、習得するのは簡単なことではありません。

日頃から厚く当てることを意識して取り組むことで、打てる頻度を高められるようにしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事