あなたは練習で、フルスイングすることはありますか?

フルスイングとは、力いっぱい振るのではなく、思いきりよく振り切ることです。

思いきって振り切ることはできていますか?

今回はフルスイングについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フルスイングの効果

思いきり振りきることによって、スイングスピードがあがり、スピンとスピードの両立ができます。

振り切らなくても、スピードだけ出すのなら、フラットで打てばウィナーも取れます。

振り切らなくても、スピンだけならかけることができるが、スピードを出すことはできません。

フルスイングするからこそ、スピードのあるボールを安定してコートに入れることができるのです。

力を関節を通して伝えていく

運動連鎖をする時は、関節に向けて力を伝えていきます。そして、力が伝わった関節は
一瞬止まって、次の関節に向けて力を伝えていきます。

フォアハンドでいうなら、足→ひざ→腰→肩→ひじ→手首の通りに力が伝わっていきます。

下半身からの運動連鎖は、1番大きな力となるので、これを超えるエネルギーを作り出すことは他にできないでしょう。

この動きができれば、無駄に力むことのないフルスイングで打つことができます。

運動連鎖を使ってフルスイングする方法

体の開きを抑える

運動連鎖してきたパワーを最後ラケットに伝えるためには、体が開くのを我慢しましょう。

体を開いてしまうと、せっかく作られたパワーを、ボールに伝えられません。

体が開いた状態でインパクトを迎えると、抜けたような感じになります。

抜けたような当たりでは、あきらかにパワーが伝わっていないことがわかります。

もちろん打った後には体が開きますが、打つ直前までは開くのを抑えましょう。

打つ時に左手を引く

スイングスピードをあげるために使っていないの左手です。もったいないので、左手も使いましょう。

左手もスイングスピードをあげるのに必要です。インパクトの瞬間に体に引き寄せると、体が回転してスイングスピードがあがります。

また両腕のバランスがちょうどよくなるので、ボディバランスを取りやすくなるといったメリットもあるんですね。

胸の位置が最適な打点

スイングスピードをもっとも速くする打点が胸の高さです。

フルスイングするということは、より攻撃的なショットを打つことを意味します。

打点がネットより低い位置だと、リスクが高くなります。また、打点が肩よりも上だと力が入りにくくなってしまうんですね。

力が入りやすく、1番リスクが低い打点が胸の高さなのです。

フルスイングのままスピンをかける

フルスイングはしたいけど、安定感を出したいという人もいると思います。

そんな時は、決めるには球威が足りなくなるかもしれませんが、スピンをかけます。

決まらない可能性があるとはいえ、次でチャンスボールになる可能性は十分高くなるので、ポイントできる確率が高くなるんですね。

より安定して展開したい時は、スピンをかけた方がいいでしょう。

インパクト後に気持ち上に振る

球威を出すためには、ボールに対してまっすぐスイングしていく必要があります。

そこで、スピンをかける場合には、まっすぐスイングして、当たった後に気持ち上に振り抜きます。

極端に上に振り抜こうとすると、ミスヒットになるので、自然に振り抜けるくらいがいいですね。

スピンだったらディフェンスの時にも使えるので、攻められている時は、スピンが効果的です。

まとめ

フルスイングで打つことによって、運動連鎖ができるようになります。運動連鎖はテニスにおいて、どんなショットを打つ時にも使います。

正しい体の使い方をすれば、疲れにくくスピードボールを打つことができるので、フルスイングでしか得られない体の使い方を習得しましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事